馬麒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
馬 麒
Ma Qi.jpg
プロフィール
出生: 1869年9月23日
同治8年8月18日)
死去: 1931年民国20年)8月5日
中華民国の旗 中華民国(国民政府)青海省西寧市
出身地: 清の旗 甘粛省蘭州府河州城
職業: 軍人
各種表記
繁体字 馬麒
簡体字 马麒
拼音 Mǎ Qí
和名表記: ば き
発音転記: マー チー
ラテン字 Ma Ch'i
テンプレートを表示

馬 麒(ば き)は、清末民初の軍人。「寧海軍」と呼ばれる軍を率い、民国期において馬家軍の勢力基盤を確立した人物である。回族。弟に馬麟、子に馬歩青馬歩芳

事跡[編集]

清末から辛亥革命まで[編集]

武官であった父の馬海宴(『清史稿』によると、馬海彦)同様に、馬麒も武科生員となる。1894年光緒20年)から、父とともに董福祥率いる甘軍に加わる。義和団の乱などに参戦し、その後も首都に駐留して西太后の警護などを担当した。

1911年(宣統3年)、辛亥革命が勃発すると、馬安良率いる「精鋭西軍」において馬麒は幇統となり、陝西革命軍の討伐に向かう。その途中で、寧夏(現在の銀川市)で革命軍が蜂起して寧夏軍政府が樹立されたため、馬麒は分派されて寧夏軍政府を討伐し、これを壊滅させた。

民国成立後の1912年民国元年)4月、馬安良と馬麒は蘭州に駐屯したが、その統治が横暴であるとして甘粛省臨時参議会から糾弾される。馬安良から指示を受けた馬麒は、臨時参議会議長李鏡清を殺害したが、これに対して甘粛都督趙惟煕は何も手を打てなかった。同年8月、馬麒は北京政府から西寧鎮総兵に任命され、さらに青海蒙番宣慰使に昇進している。

青海統治権の確立[編集]

1914年(民国3年)、青海南部で四川省との境にあった玉樹・昂欠の両地の帰属をめぐって四川と西寧で紛争が発生した。四川省への帰属を望まない現地チベット族の要望を受けた馬麒は、北京政府に対して境界画定の測量を求める。その結果、両地とも西寧所属となり、四川軍は撤退した。これにより、馬は青海西部・南部に勢力圏を築くことが可能となり、玉樹駐防司令に任命された。

1915年(民国4年)、馬麒は、政敵である青海弁事長官の廉興を失脚させるため、廉興が反乱を謀っていると北京政府中央に讒言し、廉興は罷免に追い込まれた。同年10月、青海弁事長官、西寧鎮総兵の地位は廃止され、代わりに甘辺寧海鎮守使が設置され、馬麒がその地位に就いた。

馬麒は、1912年(民国元年)から「寧海軍」を組織し、弟の馬麟、子の馬歩青・馬歩芳、甥の馬歩元、一族の馬仲英などを起用して、同族運営型の軍隊を築き上げた。また、毛皮・製薬原料・金・塩などの特産によって軍事力強化をはかっている。1916年(民国5年)に宗社党の反乱を鎮圧した。1921年(民国10年)にゴロク(果洛)のチベット族を降伏させている。1923年(民国12年)には夏河を制圧した。その一方で馬麒は、支配地域で民政の充実に努め、アヘン栽培禁止、開墾、道路建設、水利など各種事業で好成績をあげている。

北伐以後の動向[編集]

1927年(民国16年)、中国西北部に勢力圏を伸ばしてきた馮玉祥国民革命軍第2集団軍を組織すると、馬麒は馮から暫編第26師師長に任命された。1928年(民国17年)、高樹勲率いる国民革命軍第2集団軍が西寧に進軍してくる。馬は抵抗せず、統治権を高に引き渡した。

1929年(民国18年)1月、青海省政府が成立すると、馬麒は省政府委員に任命された。初代省政府主席孫連仲から建設庁長就任を要請されたが、馬麒は弟の馬麟にその地位を譲った。間もなく孫は甘粛省政府主席に異動し、高樹勲が後任の主席となったが、高もすぐに離職する。そのため、馮玉祥の命により馬麒が代理青海省政府主席となった。その後、馬麒は蒋介石支持に転じ、蒋からその地位に留め置かれた。

1931年(民国20年)8月5日、馬麒は西寧で死去した。享年63(満61歳)。

参考文献[編集]