馬鹿が戦車でやって来る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
馬鹿が戦車でやって来る
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
原案 團伊玖磨
製作 脇田茂
音楽 團伊玖磨
撮影 高羽哲夫
編集 浦岡敬一
配給 松竹
公開 日本の旗 1964年12月26日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

馬鹿が戦車でやって来る』(ばかがタンクでやってくる)は、1964年に、松竹により制作・公開された、山田洋次監督・ハナ肇主演の映画である。

タイトルロゴでの表記は『馬鹿が戦車タンクでやって耒る』。「戦車」は「せんしゃ」ではなく「タンク」と読む(作中での呼び名も「タンク」である)。

團伊玖磨の小説『日向村物語』が原作で、音楽も團が担当している。山田洋次監督作としては、『馬鹿まるだし』『いいかげん馬鹿』に続く、『馬鹿シリーズ』第3作である。

ストーリー[編集]

昔、日永村の村はずれに、乱暴者の少年戦車兵上がりの男・サブが、耳の遠い母親「とみ」と、頭の弱い弟・兵六(へいろく)と一緒に暮らしていた。一家は村中から嫌われていたが、長者・仁右衛門(にえもん)の娘・紀子(のりこ)だけはサブの味方だった。紀子の全快祝いの日、サブは仁右衛門から追い出され、暴れ回り、警察に送られる。サブがいない間に村会議員の市之進(いちのしん)は、とみを騙し、サブの土地を巻き上げる。帰ってきたサブは怒り、隠していた戦車を運転し、村中を暴走させ、村人たちを恐怖のどん底に叩き込む。その最中、兵六が火の見櫓から落ちて死んでしまう。それを知ったサブは、兵六の死体を戦車に乗せ、そのまま姿を消した。後を追って来た村人たちが浜辺で見たものは、海の中へと進んで行ったようにもみえる、戦車の轍だけだった。

制作[編集]

撮影は、日永村(ひながむら)が埼玉県比企郡鳩山村(現・鳩山町)の熊井地区、それ以外の釣り船や海岸のシーンは千葉県の房総半島で行われた[1]。鳩山村は撮影地として使われただけで、作中の日永村や原作の日向村と関係はない。

劇中で使われる方言(「一家」を「いっけ」と呼んだり、「どんだくれ者」など)は監督が考えたオリジナルである。これは具体的な地域を特定しない、日本のどこかにありそうな農村を舞台にした物語で、「木下順二さんの作品からの影響」という[2]

劇中登場した旧陸軍の戦車“愛國87号”は、新潟県大原鉄工所が1951年に開発した「吹雪号雪上車」の試作型をベースに、300万円(映画製作当時)の費用をかけて改造したものであった[3]

この戦車は旧陸軍の戦車の特徴をあらかた混ぜたような独特のデザインであり、この車両そのままの実車は存在していないが、砲塔の形状や、砲塔上部外周に鉢巻アンテナがあることなどから、モデルの戦車は九七式中戦車初期型だと思われる。

評価[編集]

  • 漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の中で、主人公の両津勘吉が「少年時代にこの映画を見、心をうたれた」と話すシーンがある(単行本132巻「最強のキャンピングカーの巻」)。これは作者の秋本治の体験を代弁させたもので、秋本は自分の好きな映画の1つに当作品を挙げている。また、こち亀では124巻「バカ(りょーつ)が戦車(バトルタンク)でやって来たの巻」と192巻「バカがシンクタンクでやって来るの巻」という内容の話がある。

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:山田洋次
  • 企画:市川喜一
  • 原案:團伊玖磨
  • 製作:脇田茂
  •  
  • 撮影:高羽哲夫
  • 美術:佐藤公信
  • 照明:戸井田康国
  • 編集:浦岡敬一
  • 音楽:團伊玖磨東宝
  • 録音:小尾幸魚
  • 調音:佐藤広文
  • 装置:小島勝男
  • 装飾:鈴木八州雄
  • 助監督:熊谷勲
  • 渉外:秦野賢児
  • 進行:金勝実 西岡旨審
  • 映倫:13787

 

 


 スタッフ本編クレジット表記順

キャスト[編集]


 

 

本編クレジット表記順

脚注・出典[編集]

  1. ^ 山田洋次DVDマガジンVol.17 本誌P.12
  2. ^ 山田洋次DVDマガジンVol.17 本誌P.10
  3. ^ この車両は2015年現在でも現存している。
    社長の小部屋>カマド「社長の小部屋」web版 2015年2月「馬鹿がフォークリフトでやって来る!?」