馬酔木 (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

馬酔木』(あしび)[1]は、馬酔木発行所が発行する月刊俳句雑誌1918年(大正7年)、佐々木綾華らによって『破魔弓』(はまゆみ)として創刊され、帝大俳句会を中心に同人を集めたが、1926年(大正15年)に、創刊後に同人に加わった水原秋桜子が改題を提起し、1928年(昭和3年)7月号より『馬酔木』となった[2]。改題時の同人は、水原秋桜子、増田古手奈、日野草城、佐藤眉峰、山口青邨富安風生、大岡龍男、佐々木綾華であった[2]

秋桜子をはじめ、当初のメンバーは『ホトトギス』の流れを汲んでいたが、やがて秋桜子を中心に、『馬酔木』は独立した俳句雑誌としての道を進むことになった。

2007年には1000号に達し、記念号が刊行された[3]

1981年に秋桜子が没した後、『馬酔木』の主宰は長男の水原春郎1984年から引き継いだ[4]

おもな参加者[編集]

()内は、各所属者が主宰した俳誌を示す。後に離脱した者も含む。

脚注[編集]

  1. ^ 「馬酔木」は植物の名としては「アセビ」、生薬としては「バスイボク」などとも読まれる。
  2. ^ a b 秋尾敏水原秋桜子と『馬酔木』」、『俳壇』第11号、2000年2012年2月6日閲覧。
  3. ^ マスコミ掲載歴”. 村岡総本舗 (2007年6月2日). 2012年2月6日閲覧。
  4. ^ 用瀬の句碑・歌碑 水原春郎 句碑”. 鳥取商工会議所. 2012年2月6日閲覧。