馬淵よしの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

馬淵 よしの(まぶち よしの、1966年2月2日 - )は、日本の元飛び込み選手、元タレント、元女優、飛込競技審判員。夫はホテルパールシティ神戸など多数ホテルの総支配人を経て、現在はマスト・インターナショナル(株)代表取締役・湯浅太。旧姓の字は戸籍上は「馬淵」で、現在は「湯浅よしの」として活動している。

来歴[編集]

神戸松蔭女子学院卒業。1980年モスクワ五輪の日本代表に選ばれるが、ボイコットで出場できなかった。1984年ロサンゼルス五輪に出場し、高飛び込みで9位の成績を収める。

父・英語版も飛び込み選手で、1956年メルボルン五輪1960年ローマ五輪に出場。母・津谷鹿乃子英語版(現・馬淵かの子)も飛び込み選手で、メルボルン五輪、ローマ五輪、1964年東京五輪に出場歴があり、日本初のオリンピック親子出場を果たした。

また、妹・しげのも元飛び込み選手だったが、身長が伸びすぎたため引退。その後宝塚歌劇団に入団(73期)し、芸名「麻央(あさお)りつき」として男役で活躍した。

引退後は美貌と機転の良さ、明るい性格を買われタレントとしてバラエティ番組クイズ番組等に出演。

芸能界を引退後、神戸市で飲食店を経営したこともあったが後に閉店し、現在は国内外の飛び込み大会で審判を務め、後進の指導に当たっている[1]。2008年の北京五輪、2009年ローマ世界水泳にも審判として参加した[2]

出演作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 元高飛び込み・馬淵よしの ファミレスバイトを夫に拒否された NEWSポストセブン、2010年12月27日
  2. ^ 「FLASH」 2010年7月6・13日合併号より

外部リンク[編集]