馬場雄大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
馬場雄大
Yudai Baba
20181006 Alvark Tokyo vs Sunrockers Shibuya Alvark XF55-200mm (43331982680).jpg
テキサス・レジェンズ  No.18
ポジション SF
背番号 18
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 90kg (198 lb)
血液型 AB[1]
足のサイズ 30.5cm[1]
基本情報
本名 馬場雄大
ラテン文字 Yudai Baba
誕生日 (1995-11-07) 1995年11月7日(24歳)
日本の旗 日本
出身地 富山県富山市
出身 富山市立奥田中学校
富山第一高校
筑波大学
ドラフト  

馬場 雄大(ばば ゆうだい、1995年11月7日 - )は、日本の男子バスケットボール選手。富山県出身。ポジションはスモールフォワード富山第一高等学校筑波大学卒業。テキサス・レジェンズ所属。身長196cm、体重90kg[2]

来歴[編集]

富山第一高校ではコーチを務める父の下で2年生エースとしてウィンターカップ出場[3]

筑波大学進学後、1年からインカレ2連覇を達成した[3]

2017年、在学中ながらBリーグアルバルク東京と契約した[4]

2019年7月、NBAダラス・マーベリックスの一員としてNBAサマーリーグに挑戦した。W杯終了後の9月17日、マーベリックスから正式オファーを受けキャンプへの参加を発表[5]。9月19日、マーベリックスと「エキシビット10」契約(キャンプ参加とプレシーズンゲームに出場する契約)が正式に発表された。Bリーグ出身者で初のNBA契約選手となった[6][7]

NBAのプレシーズンゲーム出場後、10月17日にダラス傘下のNBAゲータレード・リーグチーム、テキサス・レジェンズと契約した。

経歴[編集]

日本代表歴[編集]

高校1年でU-16アジア選手権3位、2年では飛び級でU-18日本代表に選ばれアジア選手権4位[3]

大学進学後も、2015年ユニバーシアードに出場し、2年から日本代表候補に選ばれる[3]

2017年、東アジア選手権日本代表に選ばれる[8]。マカオ戦では第2Q開始直後にダンクを披露した[9]

2019年7月、ワールドカップ中国大会の日本代表に選出。アメリカ戦でチーム内最多の18得点を記録[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/10/26/kiji/20191025s00011061524000c.html
  2. ^ https://gleague.nba.com/player/yudai-baba/
  3. ^ a b c d やるしかない! 〈男子日本代表候補 馬場 雄大選手〉”. 公益財団法人日本バスケットボール協会 (2016年4月22日). 2017年7月5日閲覧。
  4. ^ “馬場雄大選手基本合意のお知らせ” (プレスリリース), トヨタアルバルク東京株式会社, (2017年6月29日), https://www.alvark-tokyo.jp/news/26640.html 
  5. ^ 日本代表の馬場雄大、NBAマーベリックスのキャンプへ参加「ワクワクしています」”. バスケットカウント (2019年9月17日). 2019年9月20日閲覧。
  6. ^ MAVERICKS SIGN YUDAI BABA”. ダラス・マーベリックス (2019年9月19日). 2019年9月20日閲覧。
  7. ^ 馬場雄大がマブスと契約 Bリーグ初NBA契約選手”. 日刊スポーツ (2019年9月20日). 2019年9月20日閲覧。
  8. ^ 「AKATSUKI FIVE」男子日本代表チーム JAPAN”. 公益財団法人日本バスケットボール協会. 2017年7月5日閲覧。
  9. ^ “まるでNBA 馬場雄大の規格外ダンク 日本バスケに新時代”. スポーツニッポン. (2017年6月6日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/06/06/kiji/20170606s00011000179000c.html 2017年7月5日閲覧。 
  10. ^ 日本代表の馬場雄大、NBAマブスから正式オファー! 本格的な海外挑戦がスタート”. バスケットボールキング (2019年9月17日). 2019年9月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]