香港の競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
競馬 > 香港の競馬
沙田競馬場のワイドスクリーンと、レース発走直前の様子

香港の競馬(ホンコンのけいば)では、香港における競馬について記述する。

歴史[編集]

開設当時のハッピーバレー競馬場

概要[編集]

法律上賭博が禁止されている中華人民共和国において、香港は賭博行為を含む競馬開催が行われている数少ない地域(特別行政区)である[2]。統轄機関である香港ジョッキークラブが、競馬に関するあらゆる事項を統轄している。

開催時期は、気温の高い夏季を避ける形で、おおむね9月から翌年7月中旬までを1つのシーズンとしている[3]。この間、毎週水曜日のナイトレースと、土曜日か日曜日のいずれか1日の日中開催の週2回開催が基本であるが、祝日開催が行われる場合は、週1回のみの開催になることがある。

なおジョッキークラブでは、さらなる開催日の増加を検討しており、政府との調整が図られている。

競走[編集]

現在の沙田競馬場

サラブレッド種の馬による平地競走のみ行われる。芝コースでの競走が中心で、ダートコースの競走はシャティン競馬場で行われるが、数は少ない。

競走馬は、すべて沙田競馬場付属の厩舎において管理され、調教は競馬場内で行われる。ハッピーバレー競馬場で競馬が開催される際には、馬運車によって当日輸送される。

それぞれの競馬場で行われる競走は、国際競走や新馬競走を除いてほとんどがハンデキャップ競走で行われる。フルゲートは14頭[4]で、出走馬は、ほぼ1週間前に出走登録を行い、開催3日前には出走馬と枠順が確定し、開催前日より馬券が発売される。ただし、競走前日までに何らかの理由で出走を取り消した馬については、予備登録している馬(通常2頭)のどちらかが補充馬として出走する。

馬番は、ハンデキャップのもっとも重い馬が1番で、もっとも軽い馬が14番となるが、枠は別途抽選で決定されるので、馬番とは一致しない。

発走の際には、発走時刻になってスターティングゲートの赤色灯が回転し始めたらゲート入りを開始し、全馬のゲートインとともに発走する。この時、ゲート内での駐立状態の悪い馬は、ゲート係員がゲートの間に立って、発走補助を行う事がある。また馬券は、ゲートが開いて場内にベルの音が鳴り響いた時に締め切りとなる。

海外で行われる大競走も発売されており、おもにグローバル・スプリント・チャレンジなどの国際シリーズ対象競走(スプリンターズステークスなど)や、ドバイミーティングブリーダーズカップの投票券も買うことができる。かつては、出走頭数が14頭以上の場合は、15番目以降の馬番の馬が、別の枠に振り分けられ、必ず14頭枠で馬券を発売することになっていたが、2009年に制度が改定され、24頭までなら馬番のとおりに発売可能になった。

馬券[編集]

上水にあるHKJCの場外馬券売場

参考:Pari-Mutuel Pools - Beginners guide - Betting Entertainment - The Hong Kong Jockey Club

馬券(勝馬投票券)の種類はパリミュチュエル方式のみ合法で、ブックメーカーは違法である。また、HKJCが発売する競走以外の競走を香港で購入するのも違法とされている。馬券は競馬場内のほか、街中の場外馬券売場でも購入できる。このほか、電話投票やインターネット投票も可能。購入可能な年齢は18歳以上。

馬券種別は非常に豊富であり、ハンデ戦ということもあって、14頭という手ごろな出走頭数ながら、ときとして大波乱が起きることがあり、それが香港競馬の魅力ともなっている。

標準の発売単位は10ドルであるが、1枚のマークカードで100ドル以上を購入する場合、発売単位を最低1ドルとしてマークカード単位で総額指定を行うことにより柔軟に購入できるようになる「Flexi Bet」制度が導入されている(たとえば60通りを総額100ドルとして購入すると、1点当たりの投票額は1.6666ドルとなり、払い戻し計算も本来配当額に対して10分の1.6666として行われ、最終的に24捨25入によって50セント単位に補正された金額が払戻額となる)[5]

馬券の種類[編集]

【 】内は対応する日本語名称(日本での投票方式における名称)。

単一のレースで決着する投票方式

  • Win【単勝式】 - 1着馬を予想する。
  • Place【複勝式】 - 3着以内(発表された出走馬が4頭から6頭の場合は2着以内)に入る1頭を予想する。
  • Quinella【普通二連勝複式】 - 1着馬と2着馬を順不同で予想する。
  • Quinella Place【拡大二連勝複式、ワイド】 - 3着馬までの2頭を順不同で予想する[6]
  • Tierce【三連勝単式】 - 3着馬までを着順を含め予想する。
  • Trio【三連勝複式】 - 3着馬までを順不同で予想する。
  • First 4【日本では設定なし、「四連勝複式」】 - 4着馬までを順不同で予想する。Quartetと払い戻し計算を同一のプールで行う。
  • Quartet【日本では設定なし、「四連勝単式」】 - 4着馬までを着順を含め予想する。First 4と払い戻し計算を同一のプールで行う。
  • COMPISITE WIN【日本では設定なし、「組合せ単勝式」】 - 指定された組合せのグループの中から、1着となる馬がどのグループから出てくるのかを予想する。前日発売オッズによるグループで構成される「3 Pick 1」、国際競走における馬の所属地によるグループで構成される「WINNING REGION」、調教師によるグループで構成される「WINNING TRAINER」の3種類がある。

単一のレースで決着する投票方式の場合、投票した馬が発走除外となった場合は、当該馬に関する投票は返還となる。

複数のレースにまたがって決着する投票方式(日本と同じ種類は存在しない)

  • All Up【いわゆるコロガシ投票だが、複数レースを一度に単一レース決着として購入することもできる方式】 - 2から6レースを選んで、Win・Place・Quinella・Quinella Place・Trio・3 Pick 1 のいずれかで予想する(投票方式はTrio以外の4式別は途中で変更してもよい。またWinとPlace、QuinellaとQuinella Placeは単一レース内での並行投票が可能。3 Pick 1 が絡んだ場合とTrioは最大3レースまでで、Trioを使った場合は全てTrioでしか投票できない)。
  • Double【二重勝単勝式】 - 連続した2レースについて、Winを予想する。ただし、1レース目的中で2レース目が2着となった場合は残念賞の対象となる[7][8]。この方式のみ、最終レース以外の全レースを起点として発売を行う。
  • Treble【三重勝単勝式】 - 指定された3レース(ほとんどは最終3個レース)について、Winを予想する。ただし、1,2レース目的中で3レース目が2着となった場合は残念賞の対象となる。通常、1日1回。
  • Double-Trio【二重三連勝複式】 - 指定された連続する2レースについて、Trioを予想する。残念賞はない。通常、1日3回。
  • Triple-Trio【三重三連勝複式】 - 指定された連続する3レースについて、Trioを予想する。前2レースを的中していれば、最終レースが不的中となっても残念賞の対象となる[9]。通常、1日1回。
  • SIX-UP【(特別賞付き)六重勝複勝式】 - 指定された連続する6レース(ほとんどは後半6個レース)において、2着までに入る馬を予想する。ただし、全てのレースで選択した馬が1着となった場合には、Six-win bonusの払い戻し対象となる[10]。通常、1日1回。

複数のレースにまたがって決着する投票方式において発走除外が発生した場合は、日本と異なり特別な取り扱いが存在するため、現地で購入する際には注意を要する。

  • ALL-UP(いわゆるコロガシ投票)においては、選択している賭式に依拠して取り扱いが行われる。単勝・複勝・二連複・ワイドの場合は、当該組み合わせは「1倍で払戻」されたものとして次のレースへ持ち越す[11]
  • それ以外の重勝式においては、原則として返還せず、除外された馬を票数確定時点の単勝1番人気馬と見なして振り替える[12]

なお、正確には馬券ではないが、ブックメーカー投票方式によるJockey Challenge(騎師王)という投票方式が存在する。ジョッキーがレースで3着までに入着するとポイントが加算され、最もポイントの多いジョッキーが誰になるかを予想する形式である。ブックメーカー方式のため、投票した時点でのオッズが確定まで適用され、オッズは適宜更新されていく。基本的に最終レースの2つ前のレースの時点で発売を締め切るが、これ以前でも騎乗予定とその時点でのポイント状況により、勝者が確定する場合は発売を中止することがある。

メディア[編集]

活字媒体[編集]

地元の日刊紙(英字新聞含む)は競馬のページがあり、競馬に関する情報が毎日掲載されている。またレース開催日には、1レースごとに出走馬や予想が掲載されている。一方、競馬新聞も5 - 6紙存在しており、出走馬の成績や調教などのより専門的な内容と予想記事を掲載している。レース前日ごろには各地のブックスタンドで販売されている。

競馬雑誌は、「賽馬天下」が唯一の存在である。

放送・映像媒体[編集]

地上波テレビ放送は、1968年以来、一時期を除いて亞洲電視 (ATV) が実況中継を行っていた。以前は放送局の制作であったが、近年はジョッキークラブ自身により番組を制作し、ATVは放送枠を提供する形になっていた。また、競馬開催期間中の毎晩、次回開催に出走予定の馬の調教や関係者のコメントを、レース前日にはレース毎の競馬予想を行う番組、開催当日には、各レースごとに詳細な解説を行う競馬結果を放送する番組を放送していた。

しかし、ATVの放送免許が2016年3月限りで切れ、放送継続できなくなった事から、2015年9月からは無線電視(TVB)のJ2チャンネルで放送されている[13]

ケーブルテレビでは、有線電視が競馬専門チャンネルを持ち、同様の番組を放送している。

ラジオでは、民間ラジオ局である商業電台香港數碼電台の2局で放送されている。かつては、公共放送である香港電台も放送を行っていたが、2004年シーズン限りで放送終了している。

またジョッキークラブのホームページでは、民間ラジオ放送局と同じ内容の放送をストリーミング配信しているほか、TVBで放送した予想番組や競馬結果の番組を配信している。また、数年前までのレースや、非開催日に行われるバリヤートライアルの全競走も見ることができる。

当日実施された競走の映像は、レースの10分後よりホームページで視聴可能となる。また香港で発売される海外競走についても、60分後より視聴可能となる。レース映像のリアルタイム配信は行っていないが、2015年12月の香港国際競走実施時には、特設ページで配信された。

競走馬と馬産[編集]

香港では競走馬の生産は行われていない。従って、所属している競走馬の全てがオセアニアヨーロッパから輸入した競走馬(外国での出走経験があるものを含む)となっている。日本産馬も過去に在籍していた事があるが、目ぼしい成績は挙げられていない[14]

競走馬はせん馬が殆どで、牡馬は少ないが、香港で優秀な成績を挙げて種牡馬入りした馬も存在する。また、せん馬で顕著な成績を残した馬の中には、サイレントウィットネスフェアリーキングプローンの様に、引退後の余生を香港や産まれ故郷の牧場に戻って過す馬もいる。

牝馬は非常に少ない。

調教師・騎手[編集]

騎手は、地元香港出身の騎手もいるが、リーディング上位の成績を収める騎手は、ほとんど海外からやってきた騎手で占められる。南アフリカ共和国出身のダグラス・ホワイト騎手が、2000-01年度より13年間連続リーディング記録を続けていたが、2013-14年度にその座を奪われ、2014-15年度は、ブラジル出身のジョアン・モレイラ騎手が、新記録となる145勝を挙げてリーディングジョッキーの座を奪取した。

またジョッキークラブに所属した女性騎手はこれまで4名おり、そのうち1997年にデビューした簡慧榆騎手は、1999年の香港ダービーに、女性騎手として初めて騎乗するなどして技量的にも注目されていたが、同年3月に落馬殉職し、翌年2000年度に最後の1名が引退してからは、女性騎手が所属する事はなかった。しかし、2015年シーズンからは、15年ぶりに蒋嘉琦(チョン・カーケイ)騎手がデビューした[15]。蒋騎手は、2016年5月1日のレースで通算20勝を挙げ、これまでのジョッキークラブ所属女性騎手の最多勝記録を更新しており、1日4勝の記録[16]も挙げるなど、注目されている。

調教師は、海外出身の調教師が多いなか、香港出身者も健闘している。1985年に開業したジョン・ムーア調教師は、これまでに1400勝以上を挙げ、7年連続でリーディング・トレーナーの座を占めている。このほか、アンソニー・クルーズ調教師やジョン・サイズ調教師、ポール・オサリバン調教師らは、日本でもたびたび管理馬を出走させている。

馬主[編集]

香港の競馬における馬主は、香港ジョッキークラブの会員になる必要があり、会員にならない限りは香港で競走馬を所有する事はできない。一方、組合馬主と呼ばれる、数名が1頭の馬を共同所有する制度もあり、むしろこちらの方が一般的である。なお、一人の馬主(組合馬主含む)が同時に所有可能な馬の頭数は、3頭に制限されている。また馬主であっても、例えばジョッキークラブが海外で購入した新馬の購入権は、抽選によって事前に選ばれるなどの制限がある。

新たにジョッキークラブの会員(馬主)になるには、複数の会員からの推薦が必要であり、かつジョッキークラブの厳正な資格審査を経た上で、初めて会員となって馬を所有する事が可能となる。ジョッキークラブ会員は、香港におけるステイタスシンボルでもある。

歴史的背景から、以前は香港在住の外国人馬主が多かったが、現在は香港住民が大半を占めるようになった。但し、現在でも外国人が新たに会員になる事は可能である。日本人では、エイシンの冠名で知られる平井豊光の息子である平井克彦と、スマートの冠名で知られる大川徹が、会員として馬の所有が可能となっている[17][18]

主な競走[編集]

国際競走
香港所属馬限定競走

現在の香港の主な平地競走のレース日程(G1競走のみ)[編集]

暦の関係上、開催が前の月に前倒しする時や、翌月にずれ込むことがあり、第○週と書いてあるものがずれることがよくある。よってあくまでも目安として判断していただきたい。

競馬場[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hong Kong Promoted to Part I of the International Cataloguing Standards Book; Korea Promoted to Part IIhorseracingintfed.com、2016年4月2日閲覧
  2. ^ このほかでは同じく特別区のマカオタイパ競馬場)がある。かつては北京にも北京通順競馬場という競馬場が存在したが、脱法的な賭博行為に対して摘発を受け、事実上の無期限休止状態にある。
  3. ^ かつては6月中旬までの開催で、約2か月間の開催休止期間を設けていた。
  4. ^ なお香港では、馬の単位は「匹」を使う為、この場合は「14匹」となる。
  5. ^ 最低発売単位は購入する賭式により、1ドルか2ドルと2通りに別れる
  6. ^ 日本と異なり、「3着までに入線した馬の中から2頭を当てる」ことがルールであるため、3着に同着が発生した場合の3着Aと3着Bという組み合わせも的中となる(日本は不的中)
  7. ^ 二重勝と三重勝単勝式において、最終レースが1着同着となった場合は残念賞が消滅する
  8. ^ 本賞85%、残念賞15%で配分されてから個別に払戻額を算出するため、2着に人気薄が入ると本賞と残念賞の配当が逆転してしまうことも比較的多く見受けられる。
  9. ^ 万が一2レース目で投票が「全滅」した場合は、1レース目を的中した者全てが残念賞の対象となる。なお、3レース的中に投票がない場合は、当該配当予定の金額はキャリーオーバーとなる
  10. ^ 見方を変えれば、日本で表現するところの「WIN6」で、2着が混ざった場合は全部残念賞という表現も可能である。Six-winに50%、2着混ざりに50%の配分が行われているが、Six-winに投票がない場合はSix-winがキャリーオーバーとなる
  11. ^ 発生したのが選択している最終レースなら、それ以前のレースで確定している払戻金が確定する。 HKJC投票規則(英語)
  12. ^ 三連複の重勝式においては、除外された馬を原則として同様に1番人気と見なすが、すでに選択した残余の馬に1番人気または2番人気馬が含まれる場合は、選択されていない残りの馬の中で最も単勝の人気を集めている馬を選択したものと見なして順次振り替える。ただし、それぞれのレースにおいて全く勝ち馬がいない場合を除く。当該レースが無効となった場合のみ、当該レースはすべての組み合わせが的中したものとみなす。複雑な部分があるため、詳細は公式な投票規則を参照されたい。 HKJC投票規則(英語)
  13. ^ [1] 賽馬及六合彩攪珠8月起改由無綫J2轉播
  14. ^ 2016/2017年シーズンは、2歳馬が2頭登録されている。
  15. ^ http://www.hkjc.com/chinese/corporate/racing_news_item.asp?in_file=/chinese/news/2015-07/news_2015071001540.html&b_cid=EWHPJSC__
  16. ^ http://hk.apple.nextmedia.com/news/first/20160411/19566530
  17. ^ http://member.hkjc.com/member/image/201606/PP_Success.pdf
  18. ^ http://member.hkjc.com/member/image/201606/PPG_Success.pdf
  19. ^ Hong Kong’s Chairman’s Sprint Prize to fill Asian G1 sprint void香港ジョッキークラブ、2015年11月25日閲覧
  20. ^ 2014年センテナリースプリントカップレース結果 - レーシングポスト 2015年3月29日閲覧
  21. ^ 香港が国際セリ名簿基準書のパートⅠ国に昇格(香港)ジャパンスタッドブックインターナショナル、2016年7月19日閲覧
  22. ^ Hong Kong’s Chairman’s Sprint Prize to fill Asian G1 sprint void香港ジョッキークラブ、2015年11月25日閲覧