香月修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
香月 修
生誕 1948年????
出身地 日本の旗 日本佐賀県
学歴 桐朋学園大学
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

香月 修(かつき おさむ、1948年 - )は日本の作曲家佐賀県生まれ。

経歴[編集]

1948年生まれ。桐朋学園大学音楽学部作曲科卒業。在学中は入野義朗別宮貞雄の両氏に師事。桐朋学園大学音楽学部で後進の指導にあたり、2015年3月退任。 2013年には新国立劇場委嘱のオペラ夜叉ヶ池」(泉鏡花原作)で作曲を担当し、同劇場で初演が行われた[1]。日本作曲家協議会副会長。

主な作品[編集]

  • クラリネット五重奏曲(卒業作品)
  • オペラ「わらしべ長者」(日本オペラ協会委嘱作品)
  • フルート、ハープ、チェロのための「トリオ」 「弦楽四重奏曲」
  • 「詩曲Ⅰ-独奏ヴァイオリンのための」(後に弦楽四重奏版と弦楽合奏版を作成)
  • 「詩曲Ⅱ-2つのヴァイオリンとピアノのための」(ミュージック・イン・スタイル委嘱作品)
  • 「詩曲Ⅲ-ピアノ四重奏のための」(アンサンブル・アコルデ委嘱作品) 「プレリュード、アリア、フィナーレ-ピアノ四重奏のための」(ガブリエルカルテット委嘱作品)
  • 「詩曲Ⅳ - ピアノのための」 「子供の四季-児童合唱とオーケストラのための」

三好達治佐藤春夫三木露風等の詩による歌曲作品はこれまで数多くの歌手のリサイタル等で演奏されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]