香川富太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
香川 富太郎
生誕 1853年9月25日
(旧暦:嘉永6年8月23日)
日本の旗 日本
安芸国
死没 1937年12月17日
所属組織 日本陸軍
軍歴 1877年 - 1937年
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

香川 富太郎(かがわ とみたろう、1853年9月25日嘉永6年8月23日) - 1937年昭和12年)12月17日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将安芸国(現・広島県)出身。

経歴[編集]

1853年9月25日(嘉永6年8月23日)、安芸国(現・広島県)に生まれる。広島藩学問所(現修道中学校・修道高等学校)に学ぶ[1]。1877年(明治10年)陸軍少尉として西南戦争に従軍。1894年(明治27年)日清戦争、1900年(明治33年)北清事変に出征。陸軍省軍務局歩兵課長を経て、1901年(明治34年)歩兵第48連隊長に就任し、歩兵大佐となった。1904年(明治37年)日露戦争に出征し、遼陽会戦沙河会戦旅順攻囲戦に参戦。1905年(明治38年)陸軍少将に昇格し歩兵第24旅団長となる。その後歩兵第35旅団長、歩兵第11旅団長を歴任し、1911年(明治44年)9月6日、陸軍中将に昇進と同時に予備役に編入された[2][3]。1920年(大正9年)修道中学校(現修道中学校・修道高等学校)理事長に就任[4]。1937年(昭和12年)12月17日逝去[5]。正5位 勲2等 功3級。

脚注[編集]

  1. ^ 小鷹狩丙吉「小鷹狩元凱翁」(昭和13年)54頁
  2. ^ 多磨霊園著名人リスト
  3. ^ 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年、40頁。
  4. ^ 修道学園中高同窓会会員名簿第36号7頁
  5. ^ 日本人名大辞典

関連項目[編集]