香川元太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

香川 元太郎(かがわ げんたろう、1959年 - )は、日本画家イラストレーター絵本作家

略歴[編集]

愛媛県松山市出身。松山東高を経て武蔵野美術大学、同大学院修士課程修了。

大学3年の時、日本画公募展の創画展に入選。以後、創画展6回、春季創画展7回入選[1]

東宝舞台に勤務し東京宝塚劇場等の舞台背景を描く。のちフリー。

日本画、歴史考証画、装画、絵本の制作のほか、郵便切手や絵入りはがきの原画などを手がける。日本画教室の講師も務める。

迷路やかくし絵を盛り込んだ学習絵本の『迷路絵本』シリーズは、累計で260万部を超えるミリオンセラーとなっている[2]

人物[編集]

松山市三津の、戦災で焼け残った「迷路のような」旧市街で育つ。父親がかまぼこ板を切って作ってくれた積み木で迷路を作って遊ぶなど、迷路好きの子供だった。中学の時、城にも迷路のような構造があることを知り、日本の城郭、さらには日本史や日本文化に興味を持つ。高校では弓道部に所属し、日本画家を目指して美大に進学する。

画家では食べていけなかったため、アルバイト的に受けた城のイラストの仕事が評価され、城をはじめとする歴史考証イラスト作家として独立。

息子のために描いた迷路の絵に息子が夢中になったのをきっかけに『迷路絵本』の着想が浮かび、出版社に企画を持ち込む。『迷路絵本』は好評を得てシリーズ化され、ロングセラーとなる。同シリーズはスマートフォンのアプリとしても発売されており、韓国、台湾、中国でも翻訳出版されている。

著書・作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ PROFILE - 香川元太郎GALLERY/歴史館
  2. ^ ポケット版 物語の迷路 アンデルセンから宮沢賢治の世界まで PHP研究所 2017年3月

外部リンク[編集]