香山彬子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

香山 彬子(かやま あきこ、1926年7月15日 - 1999年10月2日)は、日本児童文学作家東京都出身。東京女子医科大学卒業。1966年「シマフクロウの森」で第7回講談社児童文学新人賞を受賞してデビュー。

主な著書[編集]

  • 聖書物語 新約編
  • 聖書物語 旧約編
  • ふかふかウサギ
  • ふかふかウサギ砂漠のぼうけん
  • ふかふかウサギ気球船の旅
  • ふかふかウサギ海の旅日記
  • ふかふかウサギ夢の特急列車
  • ふかふかウサギぼうけんのはじまり
  • ぷいぷい家族のいのりの冬
  • ぷいぷい島のかがやく秋
  • ぷいぷい家族のふしぎな夏
  • ぷいぷい島のすてきな春
  • ぷいぷい博士のぷいぷい島
  • とうすけさん笛をふいて!(第5回日本児童文芸家協会賞
  • ひらひらセネガの羽
  • シマフクロウの森(第7回講談社児童文学新人賞、第14回サンケイ児童出版文化賞
  • 風の中のアルベルト
  • 金色のライオン
  • おばけのたらんたんたん