香山哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

香山 哲(かやま てつ、1982年1月8日 - )は、日本の漫画家イラストレーターゲームクリエイターライター兵庫県生まれ。信州大学理学部生物科学科卒、神戸大学大学院医学系研究科中退。

2009年にlivedoorデイリー4コマグランプリ季間賞受賞。 2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査員推薦作品に入選。[1]

人物[編集]

漫画雑誌『漫画少年ドグマ』などの本を発行する自主出版社レーベル『ドグマ出版』主宰。 トーンを使わないことが多くメリハリのあるデフォルメの強い絵が特徴。また吹き出し等の文字を写植するのではなく、レタリングして書く。

山崎製パンランチパックの味やパッケージに描かれている妖精について分析した『ランチパックの本』の著者。

コンピュータゲームスマートフォンアプリの開発の他、mixiMobageGREE[2]への提供も行う。

フリーペーパーミニコミ出版のイベント『パブリッシュゴッコ』を不定期で開催。

ポータルサイト「エキサイト」のレビューコーナー『エキレビ!』で本やゲームを紹介する記事を執筆している。[3]

また、近年は3Dにも興味を持っており、過去に自作のおばけ42体を赤青3Dで表現する展示「香山哲の赤青3Dおばけ展」を大阪と東京で開催した。[4]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

  • ギター・マガジンリットーミュージック) 2008年5月号〜2011年4月号 漫画「弾けないレイラが弾くんだぜ」連載
  • ライブドア(「デイリー4コマ」コンテンツ内)4コマ漫画「香山哲のブログ改善命令」(2009年)「懲役四コマ」(2010年)連載
  • マンガナビ(漫画情報サイト)「実録!貧乏クリエイター闇雲二画」(2008年10月〜2011年4月)
  • 「アドリブがとぎれない50のルール」(四月朔日義昭著・リットーミュージック)漫画

イラスト[編集]

コラムなど[編集]

書籍[編集]

ゲーム[編集]

  • 2012年01月:「よくわかる天地創造forGREE」(スマートフォンゲーム)
  • 2012年04月:「ロボの中トロ」(スマートフォンゲーム)
  • 2012年08月:「利子20階」(スマートフォンゲーム)

メディア[編集]

  • 神戸新聞 2010年5月7日「コラボレートショー」/2010年12月5日「兵庫人」
  • J-WAVE「パークインザスカイ」ランチパッカーとして
  • 読売テレビ「もってる!?モテるくん」ランチパッカーとして

脚注[編集]

  1. ^ 第17回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門
  2. ^ よくわかる天地創造 for GREE
  3. ^ Excite レビューに寄稿しているライター一覧(エキサイトニュース)
  4. ^ 香山哲の赤青3Dおばけ展

外部リンク[編集]