饒益神宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
饒益神寳(レプリカ)
明日香村埋蔵文化財展示室展示品

饒益神宝正体字:饒益神寳、じょうえきしんぽう/にょうやくしんぽう)は、859年貞観元年)に、日本で鋳造、発行された銭貨である。皇朝十二銭の1つ。

直径19mmから20mm前後の円形で、中央には正方形の孔が開いている。銭文(貨幣に記された文字)は、時計回りに回読で饒益神寳と表記されている。裏は無紋である。量目(重量)2g程度の銅の鋳造貨である。

概要[編集]

「饒益」を「ジョウエキ」と読めば物が豊かなことを現し、「ニョウヤク」と読めば仏教語で物を与えることを意味するとされる[1]

貞観元年4月28日(ユリウス暦859年6月2日)に饒益神宝発行の詔が出される。

日本三代実録』巻二

貞観元年四月廿八日癸丑

詔曰。書稱科斗。懋遷之訓斯彰。簡号韋編。交易之方呂遠。是以姜公通市井之貨。齊國大彊。鴟夷善廢歛之居。陶業爰盛。遠則赤側白金。近則鵝眼□環。順世而異名。逐時而興利。但權輕作重。子去母隨。誠是歴年之漸深。遂知行用之弥賎。宜改舊幣更制新錢。勤此變通。救彼流弊。文曰饒益神寳。一以當舊之十。即舊之与新。並令雜用。

饒益神宝1枚に対し旧銭10枚の交換比率が設定された。

この銭以降、朝廷発行の貨幣は、銭文が判読できないほどの悪質なものが非常に多くなる。 また、日本国内における撰銭の最古の記録も饒益神宝の流通時であり、日本三代実録の貞観7年6月10日(ユリウス暦865年7月6日)付の記事には新銭の文字が頗る不明瞭であっても使用に支障が無ければ撰銭することを禁止する詔が出され、「禁京畿及近江国賣買之擇弃惡錢曰」と記されている。

『日本三代実録』巻十一

貞観七年六月十日己未

禁京畿及近江國賣買之擇弃惡錢曰。弘仁十一年六月九日下知大藏省曰。鑄錢司所進新錢。雖文字頗不明。而不失體勢。亦有小疵。行用無妨。宜猶納。而間愚者不悟此旨。專任已心。擇弃不受。或稱文字不全。計十嫌二三。或号輪郭有缺。擧百欠八九。是以要升米者。飢口難餬。買屯綿者。寒身不暖。宜于路頭。嚴加禁止。若有乖違。隨即决笞。從四位下東子女王卒。

鋳造期間も11年と短く、皇朝十二銭のうち、現存するものが最も少ないといわれている。皇朝銭の出土記録として、1万2千枚余りの内、饒益神宝の出土は76枚と銅銭としては最も少ない[2]

参考文献[編集]

  1. ^ 久光重平 『日本貨幣物語』 毎日新聞社、1976年
  2. ^ 『日本の貨幣-収集の手引き-』 日本貨幣商協同組合、1998年