養父郡 (佐賀県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐賀県養父郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

養父郡(やぶぐん)は、佐賀県肥前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 鳥栖市の一部(概ね牛原町、養父町、蔵上町、蔵上、宿町、本町、古野町、本鳥栖町、藤木町、高田町より南東および土井町・鎗田町の各一部[1]
  • 三養基郡みやき町の一部(白壁、東尾、中津隈以北)

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
藩領 肥前佐賀藩 11村 轟木村、下野村、儀徳村、江島村、立石村、蓑原村、原古賀村、白壁村、東尾村、中津隈村、山浦村[2]
対馬府中藩 5村 真木村、藤木村、鳥栖村、宿村、牛原村
11.轟木村 12.麓村 13.旭村 14.中原村 15.北茂安村(紫:鳥栖市 桃:三養基郡みやき町 1 - 3は基肄郡 21 - 23は三根郡)
  • 明治11年(1878年10月28日 - 郡区町村編制法の長崎県での施行により、行政区画としての養父郡が発足。「基肄養父三根郡役所」が轟木村に設置され、基肄郡三根郡とともに管轄。
  • 明治16年(1883年5月9日 - 佐賀県(第3次)の管轄となる。
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。(4村)
    • 轟木村 ← 轟木村、藤木村、真木村、鳥栖村(現・鳥栖市)
    • 麓村 ← 宿村、立石村、山浦村、牛原村(現・鳥栖市)
    • 旭村 ← 江島村、儀徳村、下野村(現・鳥栖市)
    • 中原村 ← 蓑原村、原古賀村(現・三養基郡みやき町)
    • 北茂安村 ← 東尾村、中津隈村、白壁村、三根郡江口村(現・三養基郡みやき町)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 「基肄養父三根郡役所」の管轄区域をもって三養基郡が発足。同日養父郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 市街地の町名変更地域の境界は不詳。
  2. ^ 記載なし。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
三養基郡