飲みニケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飲みニケーション(のみニケーション)とは、コミュニケーションの形式の一つ。(を)飲むとコミュニケーション合成語である。

概要[編集]

飲みニケーションにおいては、居酒屋や居室等に集合し、を摂取しながらコミュニケーションを行う。酒に含まれるエタノールによって、参加者は酔い、脳が麻痺するため、抑止力が低下し、本音で話ができる等の変化が起こる。

企業の中には飲みニケーションを行うということを奨励している所も存在しており、これを行うための手当を支給しているというところも存在する。だが一方で、飲みニケーションの場で部下に説教をしたり、行きたくないと思う者を強制的に参加させるということがパワーハラスメントであるなどと否定的な意見も存在する[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]