飯高寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
飯高壇林から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
飯高寺
Iidaka.jpg
講堂
所在地 千葉県匝瑳市飯高1789
位置 北緯35度44分39.8秒
東経140度31分45.3秒
山号 妙雲山
宗派 日蓮宗
本尊 三宝尊
創建年 1580年(天正8年)
開山 日尊
開基 平山常時
文化財 講堂(重要文化財)ほか
法人番号 2040005011821
テンプレートを表示

飯高寺(はんこうじ)は、千葉県匝瑳市飯高にある日蓮宗寺院山号は妙雲山。関東における日蓮宗の主要な檀林(僧侶の学問所)の一で、飯高檀林(いいだかだんりん)と称された。

概要[編集]

匝瑳市の中心部から北方へ約8kmの台地上に造られた、関東で最初の日蓮宗の檀林(飯高檀林)である。徳川家康養珠院徳川頼房徳川頼宣などの外護を受け、格式の高い檀林へ発展した。他の檀林から編入した学徒は下の学部へ落とされるなど、諸檀林のなかでも優位性ははっきりと示されており、日蓮宗最高かつ最大の学問機関に位置づけることができる。

1573年に、日統が匝瑳市飯塚の光福寺に学室を開いたことが檀林の前身とされる。後に京都から日生を招き、1579年に土地の有力者・平山刑部の後援を得て、学室を飯高の妙福寺に移した。これが飯高檀林の発祥であり、翌年には現在地に移っている。

就学過程は8課程で、名目部から入学して、四教学部、集解部、観心部、玄義部、文句部、止観部、御書科を36年間の期間をかけて修了する。

1872年学制発布のため廃檀となり、294年間の歴史を閉じた。その名跡を継いだのが立正大学で、境内に「立正大学発祥之地」の碑が建てられている。講堂・鐘楼・鼓楼・総門が国指定の重要文化財、檀林跡としては境内全体が千葉県指定の史跡になっており、歴史的建造物を保存するため、本堂の改修工事が行われた。

近年、講堂の裏庭には520株の牡丹が植えられて、名所として人気を集めている。また、秋には講堂を舞台に飯高壇林コンサートが開催される。

歴史[編集]

立正大学発祥之地碑

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 講堂 - 慶安4年(1651年)建立。寄棟造、とち葺き。平面は方丈形式。
  • 鐘楼 - 講堂と同じ頃建立
  • 鼓楼 - 享保5年(1720年)建立
  • 総門 - 延宝8年(1680年)建立

千葉県指定史跡[編集]

  • 飯高檀林跡 附:経蔵、題目堂、庫裡

匝瑳市指定文化財[編集]

  • 飯高寺の天蓋(匝瑳市指定有形文化財)
  • 黄門桜(匝瑳市指定天然記念物)千葉県匝瑳市飯高2088-4

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]