飯窪敏彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯窪 敏彦(いいくぼ としひこ、1942年 - )は、日本写真家ジャズコルネット奏者。

札幌市生まれ。1965年、早稲田大学文学部(美術専修)を卒業、文藝春秋新社に入社、写真部員となる。B級グルメ提唱者の里見真三と共に取材を行い、ラーメンや丼物の真俯瞰写真で著名[1]

1984年、湯島・幸画廊にて写真展「NICE DAY」。1991年、青森市の県立郷土館にて写真展「棟方志功」を開催。

2002年、文藝春秋を退社しフリーとなる 。

著書[編集]

  • 『ベスト オブ ラーメン』 麺's CLUB(里見真三共著)文藝春秋 1986年03月
  • 『ベスト オブ 丼』 どんぶり探偵団(里見真三共著)文藝春秋 1987年03月
  • 『ベストオブラーメン IN POCKET』 麺's CLUB(里見真三共著)文藝春秋ビジュアル版 1989年10月
  • 『ベストオブ丼 IN POCKET』 どんぶり探偵団(里見真三共著)文藝春秋ビジュアル版 1990年03月
  • 猫暮らし ジョルジョ・チェッリ著, 泉典子翻訳, 飯窪敏彦写真 文藝春秋 1997
  • いい街すし紀行 里見真三 著,飯窪敏彦 写真 文藝春秋 2002
  • 棟方志功 : 写真集 飯窪敏彦 著 文藝春秋 2003
  • 吾々は猫である 飯窪敏彦 著 日本経済新聞出版社 2008 (日経プレミアシリーズ ; 3)
  • いい街すし紀行 里見真三 著,飯窪敏彦 写真 文藝春秋 2009 (文春文庫 ; [さ35-2])
  • 日本全国 ソウルフードを食べにいく 飯窪敏彦 写真・文 文藝春秋 2015 (文春文庫 ; い96-1)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本全国 ソウルフードを食べにいく』著者紹介

参考文献[編集]

  • 日本経済新聞社 著者紹介