飯田藤村子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飯田 藤村子(いいだ とうそんし、1914年 - 1995年7月4日)は昭和初・中期の俳人

来歴[編集]

本名は新次。1914年埼玉県に生まれる。幼少のころより俳句に関心を持ち、後に島崎藤村と出会い藤村子の俳号を与えられた。活動の場を千葉県東葛飾郡流山町(現:流山市)に移して流山俳句会を結成し、俳誌「黄楊」を主催した。1995年7月4日に死去。戒名は俳徳新峰信士。

代表俳句[編集]

  • 「盆の月母と父との二つ出よ」

つげ句会[編集]

「黄楊」を主宰していた飯田藤村子の遺産の流山各地句会を引継ぎ、1995年発足。主選者は鳥居美智子が中心となり現在に至っている。

句集[編集]

  • 「弘法麦」一日書房 発行年月:1985年4月
  • 「知足」崙書房出版  発行年月:1991年7月
  • 「和円」出版社不明

関連項目[編集]