飯田久恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飯田 久恒(いいだ ひさつね、1869年11月13日明治2年10月10日) - 1956年10月15日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

飯田久徴の長男として生まれる。攻玉社を経て、1892年7月、海軍兵学校19期)卒業。少尉候補生として「愛宕」に乗り組み日清戦争に出征した。1894年9月に海軍少尉任官。砲術練習所を卒業し、「鳥海分隊長、「扶桑」航海長、海軍教育本部第1部、第2艦隊参謀などを歴任。日露戦争では参謀として「磐手」乗り組みで出征した。その後負傷・後送された松村菊勇の補充として「三笠」へ移り、さらに小倉寛一郎の「三笠」着任に伴って軍令部に異動した谷口尚真の後任として「浪速」へ移り蔚山沖海戦に参加、そして小倉の負傷・後送により再び「三笠」に移り日本海海戦に参加、日本海海戦で戦傷を受けている。

日露戦争のため退学した海軍大学校に復校し、1906年7月、同校(将校科甲種4期)を卒業。軍令部参謀、イギリス駐在、「筑波」副長、軍令部参謀兼海大教官、兼参謀本部員、「新高艦長第3艦隊参謀長、「笠置」艦長、海大教頭、「吾妻」「薩摩」各艦長などを歴任。1917年12月、海軍少将に進級。さらに、イギリス大使館付武官、第4戦隊司令官などを経て、1921年12月、海軍中将となった。以後、第3戦隊司令官、馬公要港部司令官、将官会議議員を務め、1924年2月、予備役に編入され、1934年10月に退役した。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  2. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。