飯田一弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
飯田 一弥
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市
生年月日 (1986-03-10) 1986年3月10日(32歳)
身長
体重
182 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り NPB / 2011年 育成選手ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

飯田 一弥(いいだ かずや、1986年3月10日 - )は、兵庫県神戸市出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。現在は福岡ソフトバンクホークスブルペン捕手を務めている。実弟はプロ野球選手の飯田優也

経歴[編集]

神戸弘陵学園高時代、3年時の夏は兵庫県予選3回戦で敗退。甲子園出場経験は無し。

高校卒業後は、阪神大学野球連盟に加盟する関西国際大学へ進学。当初は3部リーグに所属していたが、1年時の春に3部リーグ優勝、秋には2部リーグ優勝を果たし1部リーグ昇格を果たす。2年時は、1部リーグでスタメンマスクを任される場面もあったが、3年時になり出場機会が減少し、後に大学も中退した。

2007年12月に四国・九州アイランドリーグのトライアウトに合格し、高知ファイティングドッグスに入団。1年目の2008年から、正捕手の座をつかみ74試合に出場する。2年目の2009年も、正捕手として球団の後期優勝に貢献。リーグチャンピオンシップでは長崎セインツに勝利し年間優勝を達成する。さらに、BCリーグ群馬ダイヤモンドペガサスとのグランドチャンピオンシップも3勝2敗で制し、独立リーグ日本一に輝いた。
3年目の2010年も正捕手としてチームを支えたが、自身は打率.238、0本塁打と低迷した。オフには引退も考えたが、定岡智秋監督に説得され思いとどまる[1]。4年目の2011年は、チームのキャプテンとなり打率.280、2本塁打を記録。

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスから育成7位の指名を受けて入団。同年のドラフト会議では、育成ドラフトも含めて最後の指名選手であった。なお、翌2012年のドラフト会議では、実弟の優也もソフトバンクから育成3位の指名を受けて入団している。

ソフトバンクへの入団後は、支配下登録選手への昇格を果たせないまま、2013年10月7日に球団から戦力外を通告[2]10月31日の自由契約公示[3]を経て、現役を引退。12月12日に二軍のブルペン担当へ転身することが球団から発表された[4]

選手としての特徴・人物[編集]

遠投115メートルの強肩であり、二塁送球も2秒前後を記録する[1][5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

独立リーグでの打撃成績[編集]































2008 高知 74 215 18 55 1 25 4 8 5 20 7 33 .256
2009 73 209 18 58 2 25 0 8 1 19 7 33 .278
2010 74 214 21 51 0 17 3 7 0 23 2 34 .238
2011 63 175 25 49 2 24 6 9 5 27 5 23 .280
通算:4年 284 813 82 213 5 91 13 32 11 89 21 123 .262

背番号[編集]

  • 27 (2008年 - 2011年)
  • 139 (2012年 - 2013年)
  • 103 (2014年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 飯田選手「高知に恩返し」”. YOMIURI ONLINE (2011年10月29日). 2011年11月30日閲覧。
  2. ^ 来季契約についてソフトバンク球団公式サイト2013年10月7日配信
  3. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月3日閲覧。
  4. ^ 新入団スタッフについてソフトバンク球団公式サイト2013年12月12日配信
  5. ^ ドラフト会議で高校生No.1の武田投手ら12人を指名!武田投手「やるからには頂上を!」と早くも意気込み”. 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト (2011年10月28日). 2011年11月30日閲覧。

関連項目[編集]