飯田つのみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飯田 つのみ
別名 Tunomi
生誕 (1955-06-22) 1955年6月22日(62歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 茨城キリスト教学園
ジャンル 歌謡曲演歌J-POP
職業 作詞家エッセイストシンガーソングライターWebプランナーWebデザイナー
活動期間 1981年 -
事務所 Smart set Friendly
公式サイト Tunomi Office

飯田 つのみ(いいだ つのみ 1955年6月22日 - )は、東京都品川区東大崎生まれ、茨城県水戸市出身の作詞家エッセイストシンガーソングライターWebプランナーWebデザイナーである。茨城キリスト教学園卒業。Website制作会社代表。[1]

略歴・人物[編集]

1955年東京都品川区東大崎で生まれた。その後、大田区南馬込、入新井と移り住み、子供時代は茨城県水戸市で育つ。実の父親(S.7生)は当時ハワイアンバンドに在籍、父親のハワイアン出身の音楽仲間はプロダクション設立その他音楽業界の世界に多い。父親を慕い子供の頃から歌手に憧れる。劇団こまどりの写真審査に合格。母親は女優にさせたかったようである。本人は音楽以外のことには興味を持たず芝居の勉強を辞退、小学校・中学校と器楽やコーラスクラブに所属する。アイドル全盛時代になり更に音楽に没頭、しかし家庭の事情などにより全てが夢に終わる。その後、音楽の世界を作詞という別の方向から模索して作詞家を志す。月刊明星の歌本担当者から作詞の同人誌を紹介される。同人誌に掲載された作品に注目され、すぐにレコード化の話になり、新宿厚生年金会館で自分の作品が初めて人前で歌われる。飛び込みでセンチュリーレコードに足を運ぶようになり伊藤プロデューサーから作曲家藤本卓也を紹介される。

1983年、「黄昏みなと」歌:八代亜紀、作曲:藤本卓也(センチュリーレコード)古賀政男音楽賞受賞記念アルバム収録。1999年、日本楽友会(遠藤実最高顧問)に参加。その後、作曲家 きたたかし、作曲家 佐藤誠との作品を作り続けて現在に至る。1999年より「演歌だよ~」「Winners in Music(ウィナーインミュージック)」という音楽ポータルサイトを13年間主宰。

2011年 飯田つのみ作詞活動三十周年記念曲収録。

WebプランナーやWebデザイナーとしても活躍中。歌手、俳優のオフィシャルサイトの企画制作管理と大手ネットショッピングの各店舗の運営管理等を営む。Web制作会社代表。

2013年 Tunomiという名前での音楽活動を開始(作詞・作曲・歌唱)。2014年 音楽レーベル設立/SMART SET FRIENDLY RECORD 。2015年 八代亜紀ヒット歌謡14「日本海」復刻版リリース 「黄昏みなと」 歌:八代亜紀 作詞:飯田つのみ 作編曲:藤本卓也。

2017年「旅路は 仁義 五十年」「愛が無口だから」「Times on the table(テーブルの上の思い出たち)」「君を照らすように」「龍虎相搏」「守るよ!~ Perfect Lovers」(書籍「これって、ネット恋愛?~爺ちゃんの恋愛白書」テーマ曲)。

2017年 電子書籍「これって、ネット恋愛?~爺ちゃんの恋愛白書」発売(楽天kobo恋愛部門でランキング第3位となる)。

エピソード[編集]

作曲家の船村徹を紹介するページを船村事務所からの資料により「演歌だよ~」に掲載していたが、「演歌だよ~」閉鎖後にも、他のポータルサイトに船村徹のページとしてリンクされている。そのアドレスをクリックすると「演歌だよ~」閉鎖後はエラーとなり自分の会社のTOPページへ飛んでしまうことになるので、アクセス解析で大勢のひとがアクセスしてくる様子に気が付いて慌てて船村ページをアップし直した。船村徹の愛弟子の静太郎によれば、船村徹事務所は船村徹のオフィシャルサイトを作成しない主義らしく、そうなると船村徹のページは永遠にそのままになることになる。飯田は恐縮しているとのこと。

女優の中島ゆたかとは同じ中学・高校である。3歳違いの同窓生で当時は親交があった。

飯田は、2000年より韓国人歌手のキム・ヨンジャのオフィシャルサイトの制作管理を12年間任されてきたが、2012年5月キム・ヨンジャと岡宏の離婚により、飯田のキム・ヨンジャとの仕事は終わることとなった。船村徹事務所の静太郎岡宏とクリアトーンズ・オーケストラなどの芸能関係のオフィシャルサイトの制作管理を担当。音楽活動に精進。

2017年にポジティブサイコロジー/メンタル心理カウンセリングのカウンセリングルーム開設(ネットルーム・出張相談・出張教室)。

夫は元海上自衛隊の自衛官(曹長)

プロフィール[編集]

  • 1981年「作詩道場」会員
  • 1983年「黄昏みなと」歌:八代亜紀(センチュリーレコード)古賀政男音楽賞受賞記念アルバム収録
  • 1983年 茨城歌謡作家協会(磯部たけを会長)会員
  • 1999年 日本楽友会 (遠藤実最高顧問) 会員
  • 1999年 演歌のポータルサイト「西暦2000年 演歌だよ~」主宰
  • 2010年 Winners in Music(ウィナーインミュージック)主宰
  • 2011年 飯田つのみ作詞活動三十周年記念曲収録
  • 2013年 Tunomiという名前での音楽活動を開始
  • 2014年 音楽レーベル設立/SMART SET FRIENDLY RECORD
  • 2015年 八代亜紀ヒット歌謡14「日本海」復刻版リリース 「黄昏みなと」 歌:八代亜紀 作詞:飯田つのみ 作編曲:藤本卓也
  • 2017年 アルバム「旅路は仁義五十年」(書籍「これって、ネット恋愛?~爺ちゃんの恋愛白書」テーマ曲)

番組出演[編集]

  • ほのぼの演歌製作中(2000年、FM市川

書籍出版[編集]

  • 電子書籍&書籍「これって、ネット恋愛?~爺ちゃんの恋愛白書」(2017年)

主な作品[編集]

  • 札幌忍風(1982年)歌:三崎淳(マーキュリーレコード) 作詞:飯田つのみ 作曲:小林保二 編曲:小林保二
  • 黄昏みなと (1983年) 歌:八代亜紀(センチュリーレコード) 作詞:飯田つのみ 作曲:藤本卓哉(卓也) 編曲:藤本卓哉(卓也) [2]
  • ふりかえらないわ (1987年) 歌:長谷こういち(キングレコード) 作詞:飯田つのみ 作曲:きたたかし 編曲:只野通泰
  • 振り向けば 愛(1999年)歌:きたこみね(ブロンレコード)作詞:飯田つのみ 作曲:きたたかし 編曲:筧哲郎
  • 男のふるさと (2004年) 歌:新堀広介(ブロンレコード)作詞:飯田つのみ 作曲:きたたかし 編曲:筧哲郎
  • ひとつ星 (2009年) 歌:きたこみね(ブロンレコード)作詞:飯田つのみ 作曲:きたたかし 編曲:新堀広介
  • 旅路は仁義五十年 (2017年)(SMART SET FRIENDLY RECORD)作詞:飯田つのみ 作曲・編曲:高橋俊之
  • 愛が無口だから (2017年)(SMART SET FRIENDLY RECORD)作詞:飯田つのみ 作曲・編曲:高橋俊之
  • Times on the table(テーブルの上の思い出たち)(2017年)(SMART SET FRIENDLY RECORD)作詞:飯田つのみ 作曲・編曲:立花真虎斗
  • 君を照らすように (2017年)(SMART SET FRIENDLY RECORD)作詞:飯田つのみ 作曲・編曲:立花真虎斗
  • 龍虎相搏 (2017年)(SMART SET FRIENDLY RECORD)作詞:飯田つのみ 作曲・編曲:佐々木義広
  • 守るよ!~ Perfect Lovers (2017年)(SMART SET FRIENDLY RECORD)作詞:飯田つのみ 作曲・編曲:佐々木義広

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]飯田つのみオフィシャルサイトを参照
  2. ^ エヌシーみんなの広場:八代亜紀発売楽曲試聴コーナー(ニューセンチュリーレコード)

外部リンク[編集]