飯島規之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 自転車競技
UCIトラックワールドカップクラシックス
2001 イボー 個人追抜
アジア競技大会
1998 バンコク 個人追抜
2002 プサン 個人追抜
2002 プサン ポイント
アジア自転車競技選手権大会
1999 前橋 個人追抜

飯島 規之(いいじま のりゆき、1966年4月15日 - )は、日本の元競輪選手、元自転車競技選手。日本競輪学校第61期卒業。現役時は日本競輪選手会埼玉支部に在籍。

競輪選手としての戦績[編集]

東京都で出まれ、その後は川口市浦和市(現在のさいたま市桜区)へと移り住む。浦和市立南高等学校(現 さいたま市立浦和南高等学校)を経て日本競輪学校に第61期生として入学。同期に神山雄一郎山田裕仁紫原政文らがいる中で、在校成績は1勝すら挙げられなかった。

1988年5月8日花月園競輪場にでデビューし4着。初勝利は翌9日の同場。以降の競輪選手としての実績は芳しくなかったが、これは本人の脚質が競輪向きでなかったことによるもので、それでも長い間選手として活躍し続けた。

しかし2010年9月に弥彦競輪場で落車したことにより、その後遺症でしばらく競走から遠ざかることになる。その後2011年11月に千葉競輪場で復帰を果たしたが、同年12月29日立川競輪場第7R・A級特一般競走での9着を最後のレースとして、2012年1月10日に選手登録を消除し引退した。通算成績1825戦152勝。優勝1回。

自転車競技選手としての戦績[編集]

自転車競技においては長年に亘り日本の中距離走種目の第一人者として活躍し、特に個人追抜においては2009年には43歳の年齢にして全日本自転車競技選手権大会・4km個人追抜で優勝した。また、同年の全日本プロ選手権自転車競技大会の同種目でも優勝。この他、ポイントレースロードレースでも実績を挙げている。

2008年世界選手権自転車競技大会・マスターズ部門、3km個人追抜(40歳 - 44歳の部)で優勝。加えて2009年に同種目の同年齢部門における世界記録(3分27秒826)を樹立した。

主要国際大会での実績[編集]

エピソード[編集]

  • 2011年4月10日に選挙が行われた、さいたま市議会議員選挙の桜区選挙区から、無所属で立候補したが、落選している[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]