飯島清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いいじま きよし
飯島 清
生誕 (1930-02-21) 1930年2月21日
日本の旗 日本 埼玉県児玉郡
死没 (1996-04-26) 1996年4月26日(66歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 中央大学法学部
職業 政治評論家

飯島 清(いいじま きよし、1930年2月21日 - 1996年4月26日)は、日本の政治評論家コメンテーター

略歴[編集]

埼玉県児玉郡児玉町生まれ。中央大学法学部卒業。

選挙解説、政治評論、コメンテーターとして、テレビ出演多数。「日曜放談」レギュラーなど。

リクルート事件において未公開株を譲り受けたことから、政府税制調査会特別委員を辞任[1]。また「日曜放談」など、一時ほぼ全てのメディアから降板となる。後に復活するが事件以前ほどの活躍はできないままであった。

著書・編書[編集]

  • (著) 『人の心をつかむ法 : 科学的選挙戦術応用』 番町書房、1969年。
  • (著) 『近代選挙入門』 ごま書房、1976年。
  • (編) 『選挙の読み方』 潮出版社、1979年2月
  • (編) 『わが家の行革 : スリム時代を生きる技術』 広池学園出版部、1983年6月。

脚注[編集]

  1. ^ 飯島清/政府税調特別委員辞任/1988年12月16日”. 2月13日の今日は何の日?. 2017年7月31日閲覧。