飯山トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飯山トンネル
概要
路線 北陸新幹線
位置 長野県新潟県飯山駅-上越妙高駅間)
座標 北緯36度52分48秒
東経138度19分47秒
座標: 北緯36度52分48秒 東経138度19分47秒
現況 供用中
起点 長野県飯山市
終点 新潟県上越市
運用
建設開始 2000年(平成12年)
完成 2007年(平成19年)12月3日
開通 2015年(平成27年)3月14日
所有 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
管理 東日本旅客鉄道(JR東日本)
通行対象 鉄道車両(新幹線専用)
技術情報
全長 22,251m
軌道数 2(複線
軌間 1,435mm標準軌
電化の有無 有(交流25,000V・50ヘルツ
設計速度 260km/h
勾配 30‰
テンプレートを表示

飯山トンネル(いいやまとんねる)は、北陸新幹線飯山駅上越妙高駅間にある、全長22.251km[1]の鉄道トンネルである。北陸新幹線の既開業区間の高崎 - 金沢間では最長のトンネルとなる。日本の鉄道山岳トンネルとしては東北新幹線八甲田トンネル岩手一戸トンネルに次いで3番目に長い。

概要[編集]

長野県 - 新潟県境は、幾重にも重なる褶曲構造、膨張性の泥岩など複雑な地質構造、地質条件を持つため着工前より難工事が想定された。工事を進めていく中で、想定は現実的なものとなり、地山の膨張、メタンガスの発生が見られた[2]。前者については変位量を見込んで支保工を二重にするなど特殊な工法が採用されたほか、後者についてはガス抜き用のボーリングの施工、送風量の増加などの対策が講じられた。新潟県内でかつて掘削された鍋立山トンネルにおける土木技術的経験が生かされたと言える。なお、一部工区では向斜構造(凹型の褶曲構造)を掘り抜く際には、原油がにじみ出すなど新潟県の地質らしい現象も見られた。大成建設は、本トンネルの施工において「超膨張性と高圧帯水層を有する特殊地山に適したトンネル施工技術の確立」により2008年の土木学会技術賞Iグループを受賞している。

工区[編集]

工事は6工区に分割して施工された。各工区には各1箇所の斜坑が設けられた。

崩落事故[編集]

2003年9月11日、上倉工区で大規模な崩落が発生、坑内に土砂が流入し、直上の地表面が陥没した。最初に崩落があったのは3時5分で、その後、22時までに合計4回の崩落が発生した。崩落箇所は、起点側坑口から3,067mの地点の切羽天端で、流入土砂により重機などが約500m押し流された。地表部は直径190m、深さ30m、容積30,000m3に渡って陥没した[3]

歴史[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 計画時の長さは22.225kmであったため一部書籍ではその値のままになっている。
  2. ^ 長尾和明、山本浩之、笠博義、竹津英二、木村義弘「可燃性ガス発生が懸念される山岳トンネルにおける計測および対策について」、『トンネル工学研究論文・報告集』第13巻、土木学会、2003年、 263-268頁、 doi:10.11532/journalte1991.13.2632016年1月29日閲覧。
  3. ^ a b 北原秀介、朝倉俊弘、笹尾春夫「トンネル施工中に発生した大規模な岩盤崩落-北陸新幹線飯山トンネルの事例-」、『学術講演会講演論文集』第55巻、日本材料学会、2006年5月26日、 145-146頁、 NAID 1100066513912016年1月29日閲覧。
  4. ^ “北陸新幹線、トンネル内に破片 消火器保管箱の扉外れる”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞社). (2015年11月4日). オリジナル2016年1月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160129082143/http://www.asahi.com/articles/ASHC46FQJHC4UOOB01S.html 2016年1月29日閲覧。 

外部リンク[編集]