飯屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飯屋(めしや)とは、簡単な飯料理惣菜による食事を提供するお店のこと。

1630年代京都などで飯をなどに盛り切りにして提供する一膳飯屋が登場した。1657年明暦の大火後、江戸浅草にあった茶店が「奈良茶漬飯」と称して、奈良名産の茶飯奈良茶飯)に豆腐汁煮しめ煮豆などを付けて売り出し、茶漬飯屋と呼ばれた[1]。続いて、1660年代に入ると蕎麦切りを提供する店が登場し、これをけんどん蕎麦切りと称した。なお、「けんどん(慳貪・倹飩・見頓)」という言葉には諸説があり、19世紀には山崎美成曲亭馬琴がその語源を巡って論争を繰り広げた(「けんどん争い」)。18世紀後半になると、高級な料理茶屋に対比する形で、庶民向けの飯屋が位置づけられ、江戸・京都・大坂をはじめ各地に広まっていった。明治維新からしばらく経った1890年代になると日常的に自宅以外で食事をする必要があった各種勤労者学生のための飯屋が誕生し、こうした店を指して一膳飯屋と呼ぶようになった。更に貧困層のための残飯屋も登場した。1910年代から1920年代にかけて、一膳飯屋・簡易食堂大衆食堂などの総称として飯屋と呼ぶようになり、外食産業のルーツとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 喜田川守貞の『守貞謾稿』は浅草の「奈良茶(漬飯)」を日本において飯屋・食堂と呼ぶに相応する最初のものとしている。

参考文献[編集]

  • 鈴木晋一「飯屋」(『日本史大事典 6』(平凡社、1994年) ISBN 4-582-13106-9

関連項目[編集]