飯尾連龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
飯尾 連龍
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄8年12月20日1566年1月11日
別名 善四郎、致実、乗龍、政純
官位 豊前
主君 今川義元今川氏真
氏族 飯尾氏(漢族系三善朝臣
父母 父:飯尾乗連、母:出自不詳
兄弟 松井宗親
お田鶴の方
辰之助[1]、辰三郎[2]、義廣、正宅[注釈 1]

飯尾 連龍(いのお つらたつ)/ 飯尾 致実(いのお むねざね)は、戦国時代武将今川氏の家臣。遠江国曳馬城主。飯尾氏(漢族系三善朝臣)最後の当主。『古事類苑』では飯尾能房と記されている。



生涯[編集]

駿河飯尾氏の出自は三善朝臣といわれる。元々室町幕府奉行衆であり、飯尾長連の代に駿河国に下向、以来代々今川氏家臣として仕えた。永禄3年(1560年)今川義元桶狭間の戦いで討死にすると今川氏を取り巻いていた力関係が崩れだした。駿遠の土豪たちはそれまでどおり今川氏に奉公するか、甲斐の武田信玄につくか、尾張織田氏三河徳川氏に味方するかで騒然となった。永禄5年(1562年)、連龍が松平家康を通じて織田・徳川方に通じたことを知った今川氏真は突如曳馬城を攻めたが、今川方は曳馬城を落すことができず、連龍と和睦し一旦退いた。またこの戦いで寄せ手の氏真方の大将の新野親矩三浦正俊中野直由ら、飯尾氏の側でも重臣湯屋、森川、内田等が戦死した。しかし、連龍に対する疑念を拭い去ることができなかった氏真は連龍を駿府に呼び寄せた。永禄8年(1565年)12月、連龍はわずかな供を連れて駿府に入ったが、駿府城内の一角で氏真によって謀殺された[3]

異説(改正三河後風土記)[編集]

改正三河後風土記』では到実(以下、連龍)が徳川家康に内通し、病と称して曳馬城に引き返してる間、新井白須賀邊の駅舎を放火したという疑いに今川氏真は大いに憤り、その真偽を問いただす為に新野親矩とその弟式部之規を大将とした三千人の兵を曳馬城へ差し向け、有無を言わさずにいきなり攻撃した。この時、連龍は矢炮を飛ばし防戦し、寄せ手の大将である新野親矩達を撃退することに成功したが、氏真は怒り、朝比奈泰能瀬名親隆とその子瀬名氏範朝比奈秀盛等大勢を付き添え囲み昼も夜も攻めたが城は落ちなかった。連龍は敵陣に対して矢文で「某讒者の為に無実の罪を蒙ったために遺恨はなく、一時の急難をのぞかんがために防戦したためまったく異心はなく早く讒者の虚実と糾明して恩免を蒙りすみずみまで二心なく忠勤する」という起請文を出した。今川方の寄せ手はそれを受け取り、引き返した。その後、氏真に罪を許された連龍は礼謝の為に駿府に来たが氏真に謀殺された。

異説(井伊家伝記)[編集]

井伊家伝記』では曳馬城の城主だった井伊直平の家老だったと記されており、天野左衛門尉今川氏に背いたことを知った氏真が井伊直平に天野左衛門尉の鎮圧を命じ、直平が出陣の支度をしている所を天野左衛門尉と天野左衛門尉の縁者とお田鶴の方が共に連龍へ反逆を勧め、連龍は直平に反逆した。そして永禄6年(1563年)9月18日にお田鶴の方が直平に茶を勧めるも、その茶は毒茶だったため直平は有玉旗屋の宿にて落馬し絶命した。(また『井伊家伝記』には連龍が直平に毒薬を進め申したと上記とは異なる記述も存在する[4]。)その後連龍達は飯尾一味に同心の輩を相催し、大手を固め籠城した。この時直平の家来も毒死。多くは連龍達の味方になった。直平の死後、連龍は氏真にも反逆を企み従わなかった。これにより、氏真の命で新野左馬助(親矩)、中野信濃守(直由)が攻め込むも、両人無勢にて攻めづらかったため、氏真に援軍を願い申した。その後永禄8年(1565年)に氏真より兵1000人または2000人の援軍、井伊谷の兵を集め曳馬城を攻め込むも両人は討死した。永禄11年(1568年)に連龍は曳馬城の城主となった。またこの時武田信玄が大軍を集め氏真を攻め込もうとしていたため、氏真は遠州の人数を集め防戦の支度をした。この時氏真は松居郷八郎という別懇の武士を以って連龍に和談を申し入れた。今度引馬の兵を相催し武田軍を相防ぎ申せば、連龍の息子の辰之助に氏真の娘を遣わす申した。連龍は近年氏真に背いていたため、連龍は誠実と思い辰之助と共に駿府へ下向いた。この時氏真と三浦右衛門が辰之助に祝言をもてなし酒宴を催し、氏真は連龍と辰之助を切腹させた。『井伊家伝記』によれば『徳川伝記』では「飯尾豊前守」ではなく「井伊豊前守」としているので、多くの本や軍記物でも「井伊豊前守」としている。これは、井伊直平が年老いていたので、出陣の際には、飯尾連龍が直平の名代として出陣していたので、「井伊豊前守」として聞き伝えられて記されていたのである[5]。また『井伊家伝記』や『井伊直平公御一代記』では他の史料で飯尾連龍が行った事は、井伊直平がやったことになっていると記されている[5]

異説(武家事紀)[編集]

武家事紀』では曳馬城城主の連龍が今川氏に背き徳川家康に内通したことに怒り糾明するために曳馬城を攻めたが利あらずして退いた。氏真は駿府で連龍に対して逆心を糺明し、永禄8年(1565年)12月20日に氏真は駿府において連龍を切腹させた。この時、連龍は自身の屋敷に立て籠もり、兵士を所々に出して力戦し、打手の大将の新野親矩をはじめとして多く戦死した。また『国別城郭』の『浜松城』の項目では上記と異なる事が記載されており永禄7年(1564年)に連龍は岡崎に内通して今川に背いた。これによって氏真は怒り永禄7年(1564年)12月20日に連龍を駿州において自害させた。その後、妻のお田鶴の方は曳馬城に立て籠もり飯尾別心無き事を駿府に訴えていたが、連龍の家臣の江間時成江間泰顕は猶岡崎に内通していた。

異説(武徳編年集成)[編集]

武徳編年集成』では到実(以下、連龍)が家康への内通を疑いを何者かに風説されため、永禄8年(1565年)12月20日に氏真は連龍を駿府城内へ召し寄せ、二の丸にある飯尾の館で遠州から来た連龍夫妻が一服していたところを氏真は兵士100名に襲わせた。連龍の兵も2、30名の兵で防戦したので、氏真の兵も多く戦死したが、夫妻共に首を取られ、二の丸大手門に晒された。これを『駿府の小路の戦い』といった。この時、妻のお田鶴の方が手に滑り止めの粉白粉をつけ薙刀を奮って10名余りの今川方の侍を切り伏せるなど奮戦した。

子孫[編集]

  • 長男に義広がおり、義広の誕生を祝って始められたのが「浜松まつり」の凧揚げであるとされている。その起源は、室町時代永禄年間(1555年 - 1569年)に、引間城(現在の浜松城)の城主であった、飯尾豊前守(連龍)の長男・義広の誕生を祝って、入野村の住人であった佐橋甚五郎が義広の名前を記した大凧を揚げた、という史書『浜松城記』の記述を定説としていたが、近年になってこの縁起そのものが大正時代創作であるとする研究が進んでいる。
  • 東京都渋谷区の一地域(現在の原宿竹下通り表参道周辺)である穏田(旧・穏田村)の旧家である飯尾氏は、飯尾連龍の次男の子孫であると自称している。天正年間に同地に移住してきた浜松曳馬城最後の城主である飯尾豊前守正純(連龍)の次男の飯尾弥太夫(正宅)が入植し、同地を飯尾氏が源氏である旨をもって源氏山と名付け、江戸幕府三代将軍の徳川家光に言上した」と伝えられている[注釈 2]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、伝承のみ。
  2. ^ ただし、飯尾連龍の次男は良質な史料では確認されておらず、また飯尾氏の先祖は三善朝臣であり源朝臣ではない。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『井伊家伝記』
  2. ^ 『井伊家伝記』
  3. ^ 『細江町史』
  4. ^ 『井伊家伝記』「8.井保十三代、井伊信濃守直平、遠州引馬の城主に成る事」
  5. ^ a b 戦国未来著『井伊家傳記』

関連項目[編集]