飯塚高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
飯塚高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人嶋田学園
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
介護福祉科
総合学科
専攻科 自動車専攻科
高校コード 40517F
所在地 820-0003
福岡県飯塚市立岩1224番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

飯塚高等学校(いいづかこうとうがっこう)は、福岡県飯塚市立岩にある私立高等学校。学校法人嶋田学園が運営する。通称は「飯高」(いいこう)。

1970年代は 建築科、土木科があった。 2001年度までは男子校であった。

日本大学の元指定校。

沿革[編集]

年表[編集]

  • 1962年昭和37年) - 設置認可、開校。当初は男子校。

建築科、土木科

  • 1985年(昭和60年) - 普通科に特進コース設置。
  • 2000年(平成12年) - 介護福祉科設置。
  • 2002年(平成14年) - 介護福祉科を男女共学化。
  • 2003年(平成15年) - 総合学科を設置するとともに、全学科・コースを男女共学化。
  • 2005年(平成17年) - 総合学科に製菓コース設置。
  • 2006年(平成18年) - 自動車専攻科を設置。

教育組織[編集]

  • 普通科
    • 特別進学コース
  • 介護福祉科
    • 介護福祉コース
  • 総合学科
    • 自動車エンジニアコース
    • 製菓コース
    • 健康スポーツコース
    • トータルライセンスコース
  • 自動車専攻科


部活動など[編集]

野球部は九州大会にしばしば顔を出す強豪。2007年度から、元バレーボール全日本代表で福岡県出身の西川樹理(旧姓:横山)が、女子バレーボール部の監督に就任している。

野球部は、2008年第90回全国高等学校野球選手権大会夏の甲子園)に、辛島航投手(卒業後に東北楽天ゴールデンイーグルスへ入団)を擁して初出場。筑豊地域の学校としては1980年田川高校以来28年ぶりであり、夏の甲子園大会においても福岡県北部地区(北九州地区および筑豊地区)の高校としては1996年東筑高校以来12年ぶりの出場であった。なお、2012年第94回全国高等学校野球選手権大会にも、福岡県代表として2度目の出場を果たしている。

2011年には、吹奏楽部が全日本アンサンブルコンテストで金賞を受賞している。

製菓コースでは、2008年~2011年にスイーツ甲子園へ参加し、2008年の初回大会において決勝大会に進出し特別賞を受賞した。2009年は決勝大会で優勝し、2010年も決勝大会に進出、僅差で特別賞の受賞となった。2011年は4年連続となる地区予選大会(九州沖縄ブロック)への出場が決定した。

著名な出身者[編集]

通学手段[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]