飯塚朝美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯塚 朝美(いいづか あさみ、1983年5月 - )は、日本小説家千葉県出身。千葉県立千葉南高等学校日本大学芸術学部文芸学科卒業。

経歴[編集]

2000年「ミゼリコード」で第91回文學界新人賞島田雅彦奨励賞受賞。2005年「二重螺旋のエチカ」で第4回江古田文学賞受賞。2008年「クロスフェーダーの曖昧な光」で第40回新潮新人賞受賞。

作品[編集]

単行本[編集]

  • 『地上で最も巨大な死骸』(2010年2月、新潮社ISBN 9784103229216
    • 地上で最も巨大な死骸(初出:『新潮』2009年10月)
    • クロスフェーダーの曖昧な光(初出:『新潮』2008年11月)

単行本未収録作品[編集]