飛鳥鍋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飛鳥鍋
Asukanabe.jpg
飛鳥鍋
種類 鍋料理
発祥地 日本の旗 日本
地域 奈良県
関連食文化 郷土料理
主な材料
その他お好みで
  • 溶き卵
  • 薬味
テンプレートを表示

飛鳥鍋(あすかなべ)は、鶏ガラダシ牛乳を加え、白味噌醤油砂糖で調味し、鶏肉野菜を煮込む鍋料理である[1][2]奈良県飛鳥橿原地方の郷土料理[1][3]

具材は鶏肉白菜白ネギシイタケジャガイモニンジン豆腐しらたきなど[2]。食べるときは、すき焼きのように溶き卵につけるか[1]、出汁ごと皿に取り薬味を加えて食べる[2]

飛鳥時代から来た渡来人の僧侶が、寒さをしのぐためにヤギの乳で鍋料理を作ったのが始まりとされる[1][2][4]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d デジタル大辞泉、日本の郷土料理がわかる辞典. “飛鳥鍋”. コトバンク. 2019年1月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 飛鳥鍋”. 公益財団法人 関西・大阪21世紀協会. 2019年1月25日閲覧。
  3. ^ ミルク鍋の元祖「飛鳥鍋」は、奈良で1300年以上も受け継がれる牛乳嫌いでもOKの鍋だった”. ぐるなび (2017年1月19日). 2019年1月25日閲覧。
  4. ^ 明日香村観光ポータルサイト 旅する飛鳥. “特集:明日香村の郷土料理「飛鳥鍋」”. 2019年1月25日閲覧。