飛鳥井雅道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飛鳥井 雅道(あすかい まさみち、1934年昭和9年)11月26日 - 2000年平成12年)8月31日)は、日本歴史学者京都大学名誉教授。専門は日本近代史文化史

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著・翻訳[編集]

  • 『近代愛媛の開化』(愛媛県文化振興財団、1986年)
  • フレッド・G・ノートヘルファー『アメリカのサムライ L・L・ジェーンズ大尉と日本』法政大学出版局:叢書ウニベルシタス、1991年

編・解説[編集]

系譜[編集]

藤原師実…(略)…雅経…(略)…雅威━雅光━雅久━雅典━雅望━恒麿━雅信━雅道━雅友

飛鳥井家は和歌蹴鞠を家職とする公家。曽祖父は24代当主飛鳥井雅典。祖父は26代当主で伯爵の飛鳥井恒麿[1]。27代目となる父親の飛鳥井雅信(1894年生)は、早稲田大学政治経済科卒業後、文官高等試験に合格し帝室林野局事務官となった[2]

弟の飛鳥井雅慶橿原神宮宮司。長男の飛鳥井雅友(1962年 - )はドイツ文学者。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 飛鳥井恒麿『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
  2. ^ 飛鳥井雅信『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]