飛幡祐規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飛幡 祐規(たかはた ゆうき、女性、1956年 - )は、東京都出身のフランス文化研究家、翻訳家、作家。本名は田代 優子(たしろ ゆうこ)。

人物[編集]

東京都生まれ。1974年東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。1974年渡仏、パリ第5大学文化人類学パリ第3大学タイ語東南アジア文明を専攻。パリ在住30年。

姉はピアニスト神武夏子で、ともにフランス六人組を研究している。

著書[編集]

  • 『ふだん着のパリ案内』晶文社 1991
  • 『素顔のフランス通信』晶文社 1994
  • 『「とってもジュテーム」にご用心! ふだん着のフランス語』晶文社 1998
  • 『つばめが一羽でプランタン? みちくさのフランス語』白水社 2002
  • 『それでも住みたいフランス』新潮社 2007
  • 『時間という贈りもの フランスの子育て』新潮社、2014 

翻訳[編集]

  • エヴリン・ユラール=ヴィルタール『フランス六人組 20年代パリ音楽家群像』晶文社 1989
  • エドウィー・プレネル『五百年後のコロンブス』晶文社 1992
  • アンナ・ガヴァルダ『泣きたい気分』新潮社 2001 のち文庫 
  • アンナ・ガヴァルダ『ピエールとクロエ』新潮社 2003
  • シャンタル・トマ『王妃に別れをつげて』白水社 2004 のちUブックス
  • ファトゥ・ディオム『大西洋の海草のように』河出書房新社 2005
  • 『エレーヌ・ベールの日記』岩波書店 2009
  • ヤニック・エネル『ユダヤ人大虐殺の証人ヤン・カルスキ』河出書房新社 2011([1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]