飛んで火に入る春の嫁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飛んで火にいる春の嫁』(とんでひにいるはるのよめ)は、1998年4月15日から同年6月24日まで、テレビ東京系列で放送されたテレビドラマ。放送時間は毎週水曜20:00 - 20:54 (JST) 。全11話。

あらすじ[編集]

准看護婦の妙子は、東京・深川で120年以上続く老舗寿司店を営む幹夫と、幹夫の母が入院していた病院で知り合い、結婚する。 結婚披露宴は幹夫の店の2階で行うことになった。挙式当日、店を放り出し放浪の旅に出ていたという幹夫の父・卓三が7年ぶりに帰ってきた。そして、披露宴の席で幹夫が突然脳梗塞で倒れてしまう。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 冷たい視線・老舗すし屋の新米女将に周囲のイジメが始まる!  
  2. 出て行け大合唱!  
  3. キレた小姑の反撃  
  4. 追い出された女将  
  5. 新たなイジメの罠  
  6. 店じまいの危機  
  7. 親方に“クビ!”と言われて  
  8. 廃業宣言する親方に女将の怒りが爆発!
  9. 小姑が女将宣言!  
  10. 小姑に強力援軍!ついに女将争い決着!?  
  11. 大ドンデン返し!?女将になるのは誰?

ネット局[編集]

テレビ東京系列 水曜20時台
前番組 番組名 次番組
飛んで火に入る春の嫁