飛んで散れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飛んで散れ
上杉昇シングル
初出アルバム『Blackout in the Galaxy
B面 カナリア[RIPPED AWAY VERSION]
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル Rock
時間
レーベル pojjo récord
作詞・作曲 上杉昇
チャート最高順位
上杉昇 シングル 年表
飛んで散れ
2005年
poo pee people
(2005年)
テンプレートを表示

飛んで散れ(とんでちれ)は、上杉昇の1stシングル

内容[編集]

  • 上杉昇のソロ1stシングル。PATA(X JAPAN)とのコラボレーションシングル第1弾。
  • PATAとの出会いは向山テツが主催したイベントTETSU NIGHTがきっかけ。その後、hideの7回忌追悼ライブに上杉とPATAが演奏しているRa:INが呼ばれ、その頃から自然とお互いの関係が深くなっていき今作に繋がる。

収録曲[編集]

  1. 飛んで散れ
    (作詞・作曲:上杉昇 編曲:PATA)
    歌詞は上杉自身が1番怖いものを形にしたもので、「光」を怖いものにたとえ書かれている[1]。タイトルの飛んで散れには「たとえ玉砕しようがなんだろうが、まずは飛び出さなきゃ始まらない」という意味が込められている。
  2. カナリア[RIPPED AWAY VERSION]
    (作詞・作曲:上杉昇 編曲:堀越信康
    al.ni.coの3rdシングル『カナリア』をセルフカバー。元々は原曲がこのような形であり、上杉曰く元の形に戻したような作品。飛んで散れは「表裏一体となって初めて見えてきたり、際立ってくるものがあるということをこの作品で表現したかった。」と上杉は述べており、その飛んで散れの対極に持ってこれる曲を考えたときにカナリアが思い浮かび、al.ni.co向けにアレンジしたものではなく、元々の自分のデモテープとして存在したカナリアを再現した[1]

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 月刊アピーリング 2005年8月号