風雪のビバーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
風雪のビバーク
著者 松濤明
発行日 1960年7月
発行元 朋文堂
ジャンル 登山
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 308
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

風雪のビバーク』(ふうせつのビバーク)は、東京登歩渓流会松濤明1922年 - 1949年)が遺した登山の記録を、1960年7月に朋文堂が出版したもの。

概要[編集]

谷川岳穂高岳剱岳などでの登攀や、縦走の記録が書かれている。特に、1949年1月に槍ヶ岳北鎌尾根でパートナーである有元克己と共に遭難した際に死の直前まで書き続けた遺書で有名。

内容[編集]

出版履歴[編集]