風間吉也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

風間 吉也(かざま きちや、1929年12月21日 - )は、日本医師医学博士開業医、風間病院院長、酒田風間氏分家・東美系の一族。

略歴[編集]

著作物[編集]

著書[編集]

  • 1991年平成3年) - 『看護学生の解剖学のまとめ』
  • 1993年(平成5年) - 『中世史と風間氏 - 中世・近世の記録にあらわれた風間氏とその推移 - 』
  • 2008年(平成20年) - 『風間家の歴史』
  • 2012年(平成24年) - 『風間氏の会のための風間氏』
  • 2015年(平成27年) - 『朝日町と町内会』
  • 2015年(平成27年) - 『南北朝動乱後の風間氏』
  • 2016年(平成28年) - 『郷土かざまの記録』

共著[編集]

  • 1982年(昭和57年) - 『風間系図と酒田・東美系風間氏』 風間光彦
  • 1983年(昭和58年) - 『風間系図と酒田・東美系風間氏・続』 風間光彦
  • 1998年(平成10年) - 『越後村上風間家(宮川屋)・金屋風間家先祖書(風間眞一所蔵)、及び先祖由緒(風間光彦家所蔵)について』 風間光彦

博士論文[編集]

  • 1958年(昭和33年) - 『人胆嚢の初期発生に関する研究』 東京慈恵会医科大学

親族[編集]

参考資料[編集]