風本真吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

風本 真吾(かぜもと しんご、1963年 - )は、日本医師[1]。四谷メディカルサロン院長[1]。プライベートドクターシステム、マジンドールダイエットシステム、プラセンタ医療システム、EPA体質医療、成長ホルモン医療システム、低身長治療システムなど、「病気でない人への医療システム」を開拓した。また医療現場に栄養素品(サプリメント)の利用を取り入れた新しい診療システムも構築した。健康、低身長治療、肥満、ダイエットについての新聞掲載、単行本執筆多数あり。1990年後半には浅井企画の所属タレント(芸能文化人)としてテレビ出演多数。健康ブームの火付け役となった。慶應義塾大学卒業後の1992年自由診療内科医院、四谷メディカルサロンを創業[2]。  四谷メディカルサロン設立以後、名古屋や大阪など全国各地にダイエットクリニックを約15か所展開していたが[3][4]、「一人の個人医師が支配するクリニックは一つにするべき」という方針を策定した厚労省の意向に従って四谷メディカルサロンのみを残して他のサロンを全て譲渡ないし廃業した[1]

不祥事[編集]

2008年 マジンドールダイエットシステム、プラセンタ医療システムにおいて、看護師に指示して、医薬品を手渡させたこと、注射をさせたことが医療法違反になるとして2012年 に有罪判決が確定。2014年 に「医業停止1年」の行政処分を受けていた。しかし、以後も来院者はむしろ増え続けた。今、医師法違反とされた医療システムを、ほぼすべての医療機関がとり行っている。

2020年10月、 サプリメント成分を「がんの予防に効く」と医薬品であるかのように広告し販売したことで、医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕。[5]。しかし、その実態は、来院者向けの情報サイトにおいて、ベータグルカン、グルコサミン、桑茶のDNJ、青魚のEPAの健康効用を述べている内容であった。診療現場の来院者への指導に適応させようとする薬機法の在り方に疑義を唱え、罰金刑を拒否して、公判で争っている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 風本真吾. “プロフィール”. 風本真吾. 2012年8月11日閲覧。
  2. ^ 風本真吾. “風本が創業した四谷メディカルサロンについて”. 風本真吾. 2012年8月11日閲覧。
  3. ^ “向精神薬「マジンドール」を違法販売 食欲抑制効果、容疑のエステ捜索”. 朝日新聞(夕刊): p. 13. (2007年12月27日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ “「メディカルサロン」代表の医師ら逮捕 無資格医業容疑で”. 朝日新聞(夕刊): p. 12. (2008年1月8日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ “がん予防うたった未承認サプリ販売容疑 医師ら3人を逮捕 警視庁”. (2020年10月23日). https://mainichi.jp/articles/20201023/k00/00m/040/090000c/ 

外部リンク[編集]