風本真吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

風本 真吾(かぜもと しんご、1963年 - )は、日本医師実業家作家[1]。四谷メディカルサロン院長[1]、株式会社メディカルサロン代表取締役[2]。健康管理、アンチエイジング、低身長治療、肥満やダイエット、美肌づくりについての著作が多数ある。 慶應義塾大学卒業後の1992年自由診療内科医院、四谷メディカルサロンを創業[3]、「健康保険でカバーできない医療、健康保険でカバーすべきでない医療がある」とスローガンを掲げる[4]。 生涯テーマを「健康管理の学問化とその学問に基づく実践指導」「栄養過剰時代における体重管理指導」「世界で活躍する日本人の健康支援」「夢にあふれる高齢者社会のイメージづくり」「全国民の健康・医療に関する知識の向上」「医療構造改革の実現」に定め[5]、四谷メディカルサロンにおいて、「診療を通じての健康教育の推進」に取り組む。 多数の健康番組[6]に出演する一方で、2001年、体重管理指導のノウハウを凝集して、「お医者さんが考えた朝だけダイエット」(三笠書房、王様文庫)を上梓した。この書籍は、32回の増刷を行い、60万部を超える大ベストセラーとなった。2002年には、プラセンタ医療を紹介した「お医者さんが考えた1週間スキンケア」(三笠書房、12刷10万部)を上梓し、以後、2006年に「自分の寿命を管理する本」(東京新聞出版局)を出版するまで、診療現場での知見をもとに多数の書籍を著している。子供の背が伸びるプロセスに一定の法則性を見出して、低身長治療の医療を開拓し、2015年には、低身長の子供に対する指導・治療の集大成として「お医者さんが教えるわが子の背を伸ばす本」(アイバス出版)を上梓した。 マジンドールダイエット、プラセンタ医療、成長ホルモンのアンチエイジング医療、低身長治療の先駆者である。

平成4年の四谷メディカルサロン設立以後、名古屋や大阪など全国各地におよそ15か所のサロンを展開したが[7][8]、健康教育を推進する活動は、「患者は何も知らない子羊」であることを望む医療関連団体の反発を招き、「一人の医師が支配する診療所は1つでなければいけない」という方針を新たに策定した厚労省の意向とも反したので、 2008年に四谷メディカルサロンのみを残して他のサロンを全て譲渡ないし廃業した[1]。しかし、医療改革への志は失っていないと自らのホームページで語っている[9]

2002年に、自ら会長となってNPO法人日本健康教育施行協会を設立し、「資格制度を通じての健康教育の推進」に取り組む。この法人は、風本真吾氏からの拠出金を基に、2013年に、社団法人日本健康教育振興協会となり活動を続けている[10]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 風本真吾. “プロフィール”. 風本真吾. 2012年8月11日閲覧。
  2. ^ 会社概要”. 株式会社メディカルサロン. 2012年8月11日閲覧。
  3. ^ 風本真吾. “風本が創業した四谷メディカルサロンについて”. 風本真吾. 2012年8月11日閲覧。
  4. ^ 健康保険でカバーできない医療、健康保険でカバーすべきでない医療がある”. 四谷メディカルサロン. 2012年8月11日閲覧。
  5. ^ 『あなたの健康を保証する本』三笠書房、その他多数の書籍プロフィール欄
  6. ^ 登場メディア”. 2015年6月18日閲覧。
  7. ^ “向精神薬「マジンドール」を違法販売 食欲抑制効果、容疑のエステ捜索”. 朝日新聞(夕刊): p. 13. (2007年12月27日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  8. ^ “「メディカルサロン」代表の医師ら逮捕 無資格医業容疑で”. 朝日新聞(夕刊): p. 12. (2008年1月8日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  9. ^ 風本真吾. “健康保険制度のひずみと、失われない志”. 2014年5月13日閲覧。
  10. ^ 設立までの歴史”. 2015年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]