風のメロディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
風のメロディ
チューリップシングル
B面 ともだちのあなただから
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 財津和夫姫野達也
チャート最高順位
チューリップ シングル 年表
娘が嫁ぐ朝
1976年
風のメロディ
1976年
ブルー・スカイ
1977年
テンプレートを表示

風のメロディ」(かぜのメロディ)は、1976年9月5日に発売されたチューリップの通算11枚目のシングル

解説[編集]

シングルとしては唯一の、財津和夫姫野達也による共作曲でありツインボーカル曲。シングルA面で姫野がリードボーカルをとった最後の曲でもある。姫野が作ったAメロを財津が発展させ作曲した。 カップリングの「ともだちのあなただから」ではテープレコーダーのテープスピードを落とした状態でボーカルダビングし、再生時に通常スピードに戻すバリピッチを利用したレコーディングテクニック[1]が採用された。

曲目[編集]

  1. 風のメロディ
    作詞:財津和夫 作曲:財津和夫・姫野達也 編曲:チューリップ
  2. ともだちのあなただから
    作詞・作曲:財津和夫 編曲:チューリップ

脚注[編集]

  1. ^ 演奏のピッチを変えずに録音された声だけピッチが上がる為、女性のような声を得る事が出来る。アメリカのノベルティソングから広まった手法で、アニメキャラクターアルビンとチップマンクス、日本ではザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」やあんしんパパの「はじめてのチュウ」などが代表的。1980年代に入って高性能のピッチシフターが登場するとこの手法は使われなくなっていった。

関連項目[編集]