顧客価値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

顧客価値(こきゃくかち)とは、顧客が適正と認める価値を指す経営学用語の一つ。(w:Customer value

これは経営されている企業において顧客に対して提供されている、製品サービス人材イメージなどといった価値のことをいう。今後の社会においては競争環境が高速で変化しさらに厳しくなる傾向にあるため、企業側は顧客価値を意識した上でマーケティング営業活動が必要とされる。顧客価値は提供される商品そのものの価値に加えて、顧客へのサービスも含まれるということである。このため企業側が、顧客がどのような事柄を望んでいるか、あるいはこれから望むかを理解し、それを解決するモノやサービスを提供することはも顧客価値を向上させるということであり、競争に勝ち抜くための要素でもあるということである[1]。 基本的に顧客価値を超える価格で売ることはできないため、価格設定の範囲を決めるうえでも前提に置くべき概念である。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]