顕粛皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鄭皇后
北宋の皇后
B Song Dynasty Empress of Huizong.JPG
顕粛皇后鄭氏
在位 1111年3月20日[1] - 1126年1月18日

別称 顕粛皇后
出生 元豊2年(1079年
死去 建炎4年9月5日[2]
1130年10月8日
配偶者 徽宗
子女 趙玉盤(嘉徳帝姫)
趙金羅(安徳帝姫)
寿淑帝姫
栄淑帝姫
趙瑚児(成徳帝姫)
父親 鄭紳
テンプレートを表示

顕粛皇后(けんしゅくこうごう、1079年 - 1130年)は、北宋徽宗皇后。姓は鄭氏

生涯[編集]

初め欽聖皇后(徽宗の嫡母)の侍女を務め、後に端王趙佶(のちの徽宗)の側室となった。低い身分に生まれながらも美貌で詩才があったため、寵愛を受けた。端王が皇帝に即位した後、初め才人となり、嬪に進み、貴妃にいたった。政和元年(1111年)、皇后に立てられた。

多くの女子を産んだ。父の鄭紳(元は居酒屋の店主)は太師に任じられ、また楽平郡王に封ぜられた。

宣和7年12月23日(西暦で1126年1月18日)、徽宗の譲位により欽宗が即位すると鄭氏は太上皇后となり、寧徳太后と称された。靖康の変後、に連行されて多くの辱めを受け、金の天会8年(1130年)9月に死去した。南宋において顕粛とされた。紹興12年(1142年)8月、徽宗の梓宮と共に遺骸が臨安へ送還されて会稽の永佑陵に葬られた。

子女[編集]

伝記資料[編集]

  • 『靖康稗史箋證』
  • 『宋会要輯稿』

脚注[編集]

  1. ^ 宋史』巻20, 徽宗紀 政和元年二月壬寅条による。
  2. ^ 『宋会要』