顕光院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
顕光院
顕光院.JPG
本堂と庭
所在地 静岡県静岡市葵区研屋町45番地
山号 医王山
宗旨 曹洞宗
本尊 十一面観世音菩薩
創建年 天文元年(1532年
開山 揚室印播禅師
開基 道翁学公律師
正式名 医王山 顕光院
札所等 駿河一国百地蔵1番
公式HP 曹洞宗 医王山 顕光院
法人番号 8080005000212
テンプレートを表示

顕光院(けんこういん)は、静岡県静岡市葵区研屋町(とぎやちょう)にある曹洞宗の仏教寺院。山号を医王山(いおうざん)と称する。本尊は十一面観世音菩薩、開山は揚室印播禅師。天文元年(1532年)の創建当初は真言宗の寺院だったが、元亀2年(1571年)に曹洞宗に改宗したとされる。

寛永11年(1630年駿府城加番在勤中に死去した信濃長沼藩佐久間勝之が葬られたと伝え、その墓と推定される五輪塔がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ いいづな歴史ふれあい館(2015)p.12

参考文献[編集]

  • いいづな歴史ふれあい館特別展図録『飯綱の地をひらいた“殿様”‐佐久間兄弟と長沼藩・飯山藩』2015年