顎煥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
姓名 鄂煥
出身地 -
職官
主君 高定
家族・一族 -

鄂 煥(がく かん)は、中国の通俗歴史小説『三国志演義』に登場する架空の武将。

蜀漢に対して反乱した越巂太守高定の部将。身の丈9尺、容貌醜怪、方天戟を使う万夫不当の剛の者とされる。反乱鎮圧のため侵攻してきた諸葛亮を迎撃するため、高定に先鋒を命じられ迎撃するが、魏延王平張翼に包囲されて生け捕りにされてしまう。

諸葛亮が離間の計により解放すると、以後の鄂煥は蜀漢の力量を恐れ、また、諸葛亮への恩義から、高定にも帰順を薦めるようになる。最後は雍闓朱褒を斬り、高定と共に蜀漢に帰順する。

参考文献[編集]