頚神経ワナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

頚神経ワナ(けいしんけい-、Ansa cervicalis)とは脊髄神経のC1、C2、C3からなり、オトガイ舌骨筋舌骨下筋群を支配する、輪状になった神経の部分こと。頚動脈三角内頚静脈の前面に位置する。頚神経ワナからの枝は舌骨下筋(胸骨甲状筋、胸骨舌骨筋、肩甲舌骨筋)のほとんどを支配する。

由来[編集]

上部ルートと下部ルートからなる。 上部ルートは頚神経叢からのC1である。これらの神経線維は頚三角で分かれる前に舌下神経になる。上部ルートは後頭動脈を回った後頚動脈鞘上を下降する。この枝は舌骨下筋の上部を支配し下部ルートと合流する。 下部ルートはC2とC3により構成される。舌骨下筋の下部を支配する。

参考文献[編集]

  1. "Ansa cervicalis." Stedman's Medical Dictionary, 27th ed. (2000). ISBN 0-683-40007-X
  2. Gray's Anatomy: The Anatomical Basis of Clinical Practice. (2005). ISBN 0-443-07168-3

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

  1. Anatomy figure: 25:03-08 at Human Anatomy Online, SUNY Downstate Medical Center
  1. Photo and description at Tufts University
  1. MedicalMnemonics.com: 1042
  1. http://www.med.mun.ca/anatomyts/nerve/cerplex.htm