須貝智郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

須貝智郎(すがい ともお、1953年1月23日 - )は山形県で活躍する農家インディーズローカルシンガーソングライター。同県南陽市内にある個人事務所「ブリード」を立ち上げ、自ら所属している。

プロフィール[編集]

山形県南陽市沖郷出身。県立赤湯園芸高校卒業後、ダム工事や下水道工事を経験。そこで岡林信康の「山谷ブルース」という曲に出会い、作詞・作曲を手がけ、同時に農業に従事。フォークグループ「蛇の目傘」を経て、1984年、ファーストアルバム「飛ぶべ!」をリリースし本格的にプロデビュー。以降農業を兼務しながらのシンガーソングライター活動を展開する。活動拠点は山形県だが、全国テレビ番組にも出演している。フジテレビおはよう!ナイスデイ』、同『オールスター家族対抗歌合戦』、関西テレビ三枝の愛ラブ!爆笑クリニック』とゲスト扱いで出たことがあった。他自宅からの中継で日本テレビ(地元からは山形放送経由)『ズームイン!!朝!』、『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』にも出演し、全国に知名度を上げてきた。その後は地元・山形や東京渋谷でライブ活動を展開したり、全国各地に出向き、農業をテーマにした講演会を行うなど、すべて前向きである。現在、山形県住みよいふるさとを創る会委員・やまがた食料・環境・ふるさとを考える地球人会議副代表・元南陽市芸術文化協会副会長・音楽グループ「蛇の目ふぁみりぃ」を主宰。元山形県社会教育委員。

作品[編集]

楽曲[編集]

  • 豊穣
  • ベゴ子は山へ(米鶴酒造CMソング)
  • れんげ草
  • 自然人
  • 湧水の詩(YTS山形テレビ 旧オープニング・クロージング曲)
  • ごっつぉさま(NHKみんなのうた』使用曲)
  • だだちゃの気持ち(だだちゃ豆イメージソング)
  • がんばれ母さん
  • 酒と共に去りぬ
  • 産地直送
  • 故郷人(読みは「イナカモノ」)
  • ベゴ子の唄
  • 雪迎え
  • GIKOGIKO
  • おいらは父親
  • おじんちゃの鍬
  • ケラコの大冒険
  • 草刈り
  • カモの詩
  • マメコバチ花子の唄 etc…

CDMT[編集]

  • アルバム「鍬(くわ)」
  • シングル「酒と共に去りぬ」
  • シングル「豊穣」
  • シングル「ごっつぉさま/ケラコの大冒険」
  • シングル「産地直送」
  • マキシシングル「だだちゃの気持ち」
  • ベストアルバム「故郷人」

メディア出演[編集]

テレビレギュラー番組[編集]

ラジオレギュラー番組[編集]

  • 『TOMOO&AKEMI(ともお・あけみ)の夢ランド』(過去、AKEMIと。YBCラジオ

CM[編集]

その他のメディア出演[編集]

外部リンク[編集]