須藤訓任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

須藤訓任(すどう のりひで、1955年- )は、日本の哲学研究者、大阪大学教授。フリードリヒ・ニーチェジークムント・フロイトを研究。

青森県弘前市出身[1]。1978年京都大学文学部哲学科卒[2]、83年同大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。大谷大学専任講師、助教授、1999年教授、2004年10月大阪大学文学研究科教授[3]。2012年「ニーチェの歴史思想 物語・発生史・系譜学」で大阪大学文学博士

著書[編集]

共著編[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ニーチェ - 〈永劫回帰〉という迷宮』著者紹介
  2. ^ researchmap
  3. ^ 大阪大学