りんご侍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
須藤公貴から転送)
移動先: 案内検索
りんご侍
URL http://ringo-samurai.com/
使用言語 日本語
タイプ 通信販売サイト
運営者 株式会社BlackStone
営利性 営利
設立日 2013年6月22日

りんご侍(りんごさむらい)は、リンゴおよびリンゴ加工品の通信販売などを行うウェブサイト青森県黒石市株式会社BlackStoneによって運営されている。

BlackStoneの代表取締役である須藤公貴によって、地元産リンゴの宣伝と若手農家の支援を目的とする事業のためのウェブサイトとして2013年6月22日に開設され、当初はリンゴ農家と提携して高級リンゴジュース「華凛」の販売のみを行っていた[1]。須藤はIT関連企業の経営者であったため、自身の知識や技術を活かして貢献したいとの思いからこの事業に至ったと述べている[2]

2014年9月からはECサイトとしての運用が開始される[3][4]。商品の販売価格は参加している生産者側が設定でき、年会費や資材費などのほかに売上げの一部を成功報酬として運営者に支払う仕組みとなっている。青森県は「他県に比べJA卸売市場、産地業者等に出荷する割合が高く、自身で価格を決めることが少ない」ことから、「自分と同世代の生産者たちと一緒に新たな取組みをしたかった」ため、このような制度を採用したと須藤は述べている[2]。参加する生産者側には宣伝を委託してリンゴの栽培に集中できるというメリットがある[3][2]

また他の販売サイトとの差別化の意図もあり「農家の顔が見える」ことに重きを置いており、客が生産者を選んで商品を購入するシステムとなっている[4][2]。商品の種類のほかに、作業体験のようなサービスからも検索できるようになっている[3][2]。商品の品質保持のため、参加している生産者に対し栽培技術に詳しいスタッフが出荷の基準などの指導を行っている[2]

なお須藤公貴は、青森県出身の経営者で構成され首都圏で活動する非営利団体AOsukiの会長を務めており[5]、また津軽黒石市観光大使の一人でもある[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「活性化へ黒石で起業 リンゴ商品 通販開始 東京で企業経営・須藤さん」『東奥日報』2013年6月28日付夕刊、3面。
  2. ^ a b c d e f 「通販サイト『りんご侍』 若手生産者を前面に 青森中心に37農家掲載」『農経新聞』2015年8月31日号、3面。
  3. ^ a b c 「農家とサイトで『直結』 黒石の業者が新サービス リンゴ作り こだわり見比べ」『東奥日報』2014年9月22日付夕刊、3面。
  4. ^ a b 【ECショッパーズファイル】File.308 〈りんご農家のEC代行〉りんご侍/農家の顔が見えるサイトに 日本ネット経済新聞 2015年8月21日
  5. ^ AOsuki役員紹介 AOsuki
  6. ^ 津軽黒石市観光大使事業 黒石市