須田長義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

須田 長義(すだ ながよし、天正7年(1579年)- 元和元年6月1日1615年6月26日))は、信濃国武将上杉氏の家臣。須田満親の子。官位は大炊頭。須田大炊介とも。

経歴[編集]

上杉景勝に仕え、信濃国須田城を領した。慶長3年(1598年)、景勝が会津に移封されると、梁川城代となり、20,000石を与えられた。

慶長5年(1600年)の慶長出羽合戦では本庄繁長と福島口の守備を担当し、上杉領に侵攻して来た伊達政宗の軍勢を迎撃する。10月6日の戦いで福島城は伊達勢に包囲され、城方将兵三百余の死者を出していたが、長義旗下の車斯忠らの部隊は、伊達政宗が福島城を攻略中、本隊の小荷駄隊を急襲し、小荷駄奉行の宮崎旨元(内蔵助)と人足勢を大いに打ち破る[1]という武功を挙げた(松川の戦い)。

慶長6年(1601年)、主家の出羽国米沢移封に伴い、6,666石に減封されるが、引き続き梁川城代を勤めた。

大坂冬の陣では鴫野の戦いにおいて後藤基次勢を相手に奮戦し、徳川秀忠から感状をもらったが、その時の戦傷が悪化して死去した。享年37。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参照『伊達治家記録』「宮崎内蔵助旨元ハ國見山御陣場ヲ取リ仕廻テ~(政宗の)御跡ヨリ福嶋表へ来ル。時ニ梁川城主須田大炊、追懸ケ討取ルヘシト下知ス。」とあるように、宮崎旨元は国見山から福島城へ移動していた際(=時ニ)、上杉方である梁川勢に討ち取られたと記載されている。『伊達治家記録』を元に書かれた参謀本部編・日本戦史(第七編)や、上杉方の史料にも同じ内容が書かれている。