須田年生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

須田 年生(すだ としお)は、日本医学者慶應義塾大学医学部教授医学博士自治医科大学、1985年)。日本を代表する幹細胞生物学者の一人として知られる。

概要[編集]

サウスカロライナ医科大学留学時、小川真紀雄教授指導のもと幹細胞分化の確率モデルを提唱し、成長因子から独立した幹細胞分化を示す古典的な研究として評価を得た。[1] もともと血液内科の臨床医であったが、この留学後にフランスで行われた研究発表会への参加を経て、造血幹細胞の研究医になることを決めた。[2] その後、造血幹細胞ニッチを同定し、酸化ストレスと幹細胞老化の新しい学問領域を拓いて、幹細胞生物学の発展に大きく貢献した。[1]

また、日本血液学会の理事などを歴任し、学会欧文誌''International Journal of Hematology''英語版編集長も務めた。

主な論文[編集]

代表論文として次のものを含む。[3]

  • Nakamura Y, Arai F, Iwasaki H, Hosokawa K, Kobayashi I, Gomei Y, Matsumoto Y, Yoshihara H, Suda T: Isolation and characterization of endosteal niche cell populations that regulate hematopoietic stem cells. Blood 116:1422-32, 2010.
  • Takubo K, Goda N, Yamada W, Iriuchishima H, Ikeda E, Kubota Y, Shima H, Johnson RS, Hirao A, Suematsu M, Suda T: Regulation of the HIF-1alpha level is essential for hematopoietic stem cells. Cell Stem Cell 7: 391-402, 2010
  • Yoshihara H, Arai F, Hosokawa K, Hagiwara T, Takubo K, Nakamura Y, Gomei Y, Iwasaki H, Matsuoka S, Miyazaki H, Takahashi T, Suda T: Thrombopoietin/Mpl signaling regulates hematopoietic stem cell quiescence and interaction with the osteoblastic niche. Cell Stem Cell 1:685-97, 2007
  • Ito K, Hirao A, Arai F, Matsuoka S, Takubo K, Nakagata N, Ikeda Y, Tak W. Mak, Suda T: Regulation of oxidative stress by ATM is required for self-renewal of haematopoietic stem cells. Nature 431: 997-1002, 2004
  • Arai F, Hirao A, Ohmura M, Sato H, Matsuoka S, Takubo K, Ito K, Koh GY, Suda T: Tie2/Angiopoietin-1 signaling regulates hematopoietic stem cell quiescence in the bone marrow niche. Cell 118: 149-161, 2004
  • Suda T, Suda J, Ogawa M: Disparate differentiation in mouse hemopoietic colonies derived from paired progenitors. Proc Natl Acad Sci USA 81: 2520-2524, 1984

略歴[編集]

  • 1974年 横浜市立大学医学部医学科卒業[3]
  • 1974年 神奈川県立こども医療センター小児科 レジデント[3]
  • 1978年 自治医科大学血液医学研究施設造血発生部門 助手[3]
  • 1982年 サウスカロライナ医科大学 リサーチアソシエイト[3]
  • 1984年 自治医科大学血液医学研究施設造血発生部門 講師[3]
  • 1985年 自治医科大学 医学博士 論文の題は「単離血液幹細胞に由来する混合コロニーの多様性 」[4]
  • 1992年 熊本大学医学部遺伝発生医学研究施設 教授[3]
  • 2000年 熊本大学発生医学研究センター センター長・教授[3]
  • 2002年 慶應義塾大学医学部 坂口光洋記念講座 発生・分化生物学教室 教授[3]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Toshio Suda
  2. ^ 「自分の運命が決まるとき」慶應義塾大学 発生分化生物学教室 須田年生
  3. ^ a b c d e f g h i j k 研究者プロフィール 須田年生
  4. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]