須田剋太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

須田 剋太(すだ こくた、1906年5月1日 - 1990年7月14日 )は、日本洋画家埼玉県生。浦和画家

人物[編集]

当初具象画の世界で官展の特選を重ねたが、1949年以降抽象画へと進む。力強い奔放なタッチが特徴と評される。司馬遼太郎の紀行文集『街道をゆく』の挿絵を担当し、また取材旅行にも同行した。道元の世界を愛した。文展に入選した翌年の昭和9年には寺内萬治郎が浦和の別所沼畔のアトリエを訪れ激励し、光風会に入ることを勧められ入会した[1]。また、寺内萬治郎の門下生が集まる武蔵野会に参加した。浦和画家のひとり、光風会の里見明正とは同じ熊谷中学校で、別所沼のアトリエも隣り合っていた。また、四方田草炎林倭衛とも交流していた。

略歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 埼玉の画家たち さきたま出版会

外部リンク[編集]