須戸 (新潟市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 新潟県 > 新潟市 > 北区 (新潟市) > 須戸 (新潟市)
須戸
—  町丁大字  —
須戸の位置(新潟市内)
須戸
須戸
須戸の位置(新潟県内)
須戸
須戸
須戸の位置
座標: 北緯37度55分3.54秒 東経139度11分24.2秒 / 北緯37.9176500度 東経139.190056度 / 37.9176500; 139.190056
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Niigata Prefecture.svg 新潟県
市町村 Flag of Niigata, Niigata.svg 新潟市
北区
人口 (2018年(平成30年)1月31日現在)[1]
 - 計 1,812人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 950-3373[2]
市外局番 025 (新潟MA)[3]
ナンバープレート 新潟

須戸(すど)は、新潟県新潟市北区町字。現行行政地名は須戸一丁目から須戸五丁目と大字須戸。住居表示は一丁目から五丁目は実施済み区域、大字須戸は未実施区域[4]郵便番号は950-3373[2]

概要[編集]

1889年(明治22年)から現在の大字。新井郷川上流右岸の低湿地に位置する[5]。もとは1881年(明治14年)から1889年(明治22年)まであった須戸新田村の区域の一部[5]

隣接する町字[編集]

北から東回り順に、以下の町字と隣接する。

※新井郷川を挟んで新井郷と隣接。

歴史[編集]

1881年(明治14年)に新崎新田から分村して成立[5]。1889年(明治22年)に鳥屋村の大字となり、1955年(昭和30年)に須戸新田から須戸に改称した[5]

年表[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 : 合併により鳥屋村の大字となる。
  • 1906年(明治39年)4月1日 : 合併により木崎村の大字となる。
  • 1941年(昭和16年) : 排水路などの工事を開始。
  • 1953年(昭和28年) : 耕地区画整理が起工し、翌年完工。
  • 1955年(昭和30年)3月31日 : 合併により豊栄町の大字となる。
  • 1968年(昭和43年) : 大規模宅地開発が行われる。
  • 1970年(昭和45年)11月1日 : 豊栄町が市制を施行し、豊栄市の大字となる。
  • 1973年(昭和48年)3月1日 : 一部が早通南となる。
  • 1975年(昭和50年)11月1日 : 一部が早通北となる。
  • 2005年(平成17年)3月21日 : 合併により新潟市の大字となる。
  • 2007年(平成19年)4月1日 : 新潟市の政令指定都市移行により、北区の大字となる。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)1月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字丁目 世帯数 人口
須戸 58世帯 186人
須戸一丁目 35世帯 88人
須戸二丁目 142世帯 446人
須戸三丁目 112世帯 303人
須戸四丁目 149世帯 426人
須戸五丁目 125世帯 363人
621世帯 1,812人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
須戸 全域 新潟市立早通南小学校 新潟市立早通中学校
須戸一丁目 全域
須戸二丁目 全域
須戸三丁目 全域
須戸四丁目 全域
須戸五丁目 全域

主な企業・施設[編集]

交通[編集]

バス[編集]

新潟交通路線バス

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口 (全市・区役所・町名別) - 町名別住民基本台帳人口”. 新潟市 (2018年2月13日). 2018年3月5日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月5日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年3月5日閲覧。
  4. ^ 町名一覧表”. 新潟市 (2017年7月20日). 2018年3月5日閲覧。
  5. ^ a b c d 角川地名15、p.754
  6. ^ 通学区域一覧(町名別五十音索引)”. 新潟市 (2017年4月1日). 2018年3月5日閲覧。

参考文献[編集]