頂端膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

極性細胞頂端膜(ちょうたんまく、:apical membrane)とは、内腔に面した細胞膜表面を言う。これは特に上皮細胞内皮細胞で明らかであるが、神経細胞のような細胞極性を有する細胞でも見られる。 極性細胞の基底外側膜は、基底面と基底外側の表面を形成する細胞膜表面である。基底外側膜は、間質液側を向いており、内腔側とは反対側となる。 

脚注[編集]