音羽川 (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
音羽川
音羽川
水系 二級水系 音羽川
種別 二級河川
延長 12.477(11.71) km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 63.7 (28.28) km²
水源 豊川市長沢町
水源の標高 -- m
河口・合流先 三河湾(豊川市御津町新田・御津町御馬)
流域 愛知県
テンプレートを表示

音羽川(おとわがわ)は、愛知県東部の東三河地方を流れる河川二級水系の本流である。

地理[編集]

水源豊川市長沢町にあり、市内長沢町 - 国府町間では国道1号に沿うように流れ、市内国府町から南へ三河湾に注ぐ。

岡崎市境から流れる千束川、上谷下川と、蒲郡市境に源を発する切山川、小沢川が豊川市長沢町内で合流して音羽川となり、以降が指定流路となる。長沢町付近では山がすぐ近くにあるなど自然も多く、のどかな風景が見られる。赤坂町の南部で山陰川が合流する。

豊川市御油町から同市国府町にかけては川原にの木が多数植えられており、春になると桜が美しく、花見をしている人も多数見受けられる。また、流域にある豊川市立御油小学校では「音羽川クリーン作戦」と称した伝統行事があり、毎年、児童や地域の人が音羽川の清掃を行っている。

豊川市為当町から同市御津町にかけては特筆すべきこともない景色となるが、白川が合流すると川幅が広くなり、船が係留されているなど、海(河口)が近いことを感じさせる。

国道23号を過ぎると河口となる。河口の近くには三河臨海緑地がある。

流域の自治体[編集]

愛知県
豊川市

支流[編集]

流域の施設等[編集]

橋梁[編集]

(ここまで千束川)

参考文献[編集]

  • 『二級河川音羽川水系 河川整備計画』 愛知県 平成16年5月11日